アフィリエイト広告の仕組みと活用法【この上なく丁寧に解説】

アフィリエイトを図解で解説するふく先生 広告
この記事はこんな人に向けて書いています

 icon-heart 「アフィリエイト広告の仕組みを知りたい。」

 icon-heart 「どんな仕組みで報酬が支払われるの?」

 icon-heart 「仕組みとメリット、デメリットを知りたい。」

ぴよ子
インターネット広告って、いろんな種類があるよね。
ふく先生
リスティング広告が有名じゃが、最近はアフィリエイト広告の仕組みに注目が集まっておるぞぃ。
ぴよ子
アフィリエイト広告って、何だか怪しそうな気が・・。
ふく先生
いやいや、これほどWINWINになれる広告も珍しいんじゃよ。
ぴよ子
じゃあ、アタシでも分かるように仕組みを教えてよ。

 

リスティング広告のメリットとしては・・、

 icon-heart 購入意欲の高いユーザーにアプローチできる

 icon-heart すぐに検索結果の上部に表示させることができる

 

でも、想像以上に以上にお金がかかってしまうんですよね・・(´д`|||)

しかもこのお金って毎月出ていくので、企業の体力を削っていきます。

 

そこで最近、多くの企業が注目しているのがアフィリエイト広告です。

ここからはアフィリエイト広告について、分かりやすく解説していきます。

 

アフィリエイト広告とは

初心者のぴよ子が運転の練習をしている

 

この広告を上手に活用すれば、広告コストを抑えながら成果を生み出すことができます。

とても魅力的な広告なので、その魅力が伝わるように分かりやすく解説していきますね。

 

どんな広告なのか?

アフィリエイト広告というのは、「成果報酬型の広告」のことです。

最初に全体像をお話ししておくと・・、

アフィリエイターと呼ばれる人たちが、自分のブログ(サイト)に企業の広告を掲載します。

 

読者さんがその広告をクリックして、企業側が予め決めておいた成果が出た時点で、企業からアフィリエイターに報酬が支払われます。

「成果」というのも、商品の購入、会員登録、資料請求、お店への来店など、企業側が自由に決めることができます。

アフィリエイトの仕組み(その1)

 

ちなみにこのikkiブログでいうと、僕が「アフィリエイター」ということになります。

で、簡単に流れを説明すると・・、

 

(1)僕が自分のブログで企業の商品を宣伝する(広告を貼っておく)

(2)僕のブログを経由して、宣伝した商品が売れる

(3)売れた商品時点で、企業から報酬が支払われる

そんな仕組みになってます。

 

言ってみれば、アフィリエイターというのは「広告代理業」みたいなものですね。

企業の商品を、自分のブログで宣伝するお仕事なんです。

「商品を紹介するだけ」のお仕事なんで、在庫を抱える必要もないし、赤字になるリスクもまったくありません (*´ω`*)

 

仕組み(お金の流れ)をもう少し詳しく

先ほどの図では、下記の3者でアフィリエイトが成り立っていました。

・企業(広告主):自社の商品を売って欲しい

・アフィリエイター:商品を売って報酬を受け取りたい

・読者さん(ネットユーザー):良い商品を購入したい

アフィリエイトの仕組み(その1)

 

上図では、企業が直接アフィリエイターに報酬(謝礼)を支払う形になっていますよね。

(赤い矢印がお金の流れになります。)

 

でも実際のところは・・、

ASPと呼ばれる仲介会社が、企業とアフィリエイターをつないでくれているんです。

なので、正確には下記の4者で成り立っているんです。

 

・企業(広告主):自社の商品を売って欲しい

・アフィリエイター:商品を売って報酬を受け取りたい

・読者さん(ネットユーザー):良い商品を購入したい

・ASP:企業とアフィリエイターをつなぐ(手数料で儲ける)

アフィリエイトの仕組み(その2)

 

ASPが仲介しても、お金の流れ(赤い矢印)は基本的には同じですよね。

なぜASPが間に入るのかについて、次にお話していきます。

 

なぜASPが必要なのか?

アフィリエイトというのは、ASPがあるからこそ成り立つビジネスなんですね。

ASPが存在しなければ、アフィリエイト広告はここまで普及しなかったと言っても過言じゃありません。

ASPとアフィリエイターと広告主の関係

 

その理由を、まずはアフィリエイター目線で見ていきましょう。

もしASPが仲介してくれなかったら、僕たちアフィリエイターはめちゃくちゃ面倒くさい作業を自分でしなくてはいけません。

 

 icon-heart 自分でいろんな企業と交渉して、商品を取り扱えるように交渉しないといけない

 icon-heart 「自分のブログを経由して商品が購入された」ということを、いちいち証明しないといけない

 icon-heart 報酬を1件1件、自分で管理しないといけない

 

こんな大変な作業、自分でやってられませんよね・・(´д`|||)

こういう面倒くさい作業を一手に引き受けてくれるのが、ASPと言われる会社という訳です。

 

次に、企業目線でASPを見ていきましょう。

もしASPが仲介してくれなかったら、企業もたいへんな作業をしなくてはいけません。

 

 icon-heart 自社の商品を紹介してもらう時に、全国のアフィリエイター1人ひとりと交渉しないといけない

 icon-heart その都度、自社の商品の説明をしないといけない

 icon-heart アフィリエイターの質問に、個別に答えないといけない

 icon-heart 個別に成果報酬を支払わないといけないので、経理の業務が煩雑になる

 

こんな大変な作業、自社でやってられませんよね・・(´д`|||)

こういう面倒くさい作業を一手に引き受けてくれるのが、ASPなんです。

 

このようにASPが仲介してくれることで、アフィリエイターも企業も多大なメリットがある訳です。

 

アフィリエイト広告のメリット

幸せな人生を満喫しているぴよ子

 

アフィリエイト広告には、他の広告にはない多くのメリットがあります。

そのメリットについて、「企業の目線」と「アフィリエイター側の目線」それぞれで解説していきます。

 

企業側のメリット

 icon-heart 費用対効果が高い

 icon-heart 気軽に始められる

 icon-heart 自社の商品の認知度が上がる

 

企業として嬉しいのは、何と言っても「費用対効果が高いこと」です。

自社で「こういう成果が欲しい」と設定しておいて、その成果が出た時だけ報酬を支払えばいいからです。

つまり、無駄な広告費を使わなくて済むんですよね。

 

また「少額から始められる」というのも嬉しいポイントですね。

一般的な広告では、数十万円から数百万円かかってしまうものがほとんどですが・・、

アフィリエイト広告ならASPへの初期費用・月額費用・デポジットだけで始められます。

初期費用0円・月額費用35,000円というASPもあります。

 

最後に、自社の商品の認知度が上がるというメリットもあります。

アフィリエイト広告を出すと、全国のアフィリエイターのブログで紹介されるため、ネット上での認知が上がります。

しかもその仕事をアフィリエイターが勝手にやってくれるので、セールスやプロモーションにかかる人件費を抑えられるのもポイントです。

 

アフィリエイター側のメリット

 icon-heart 空き時間を有効活用して作業できる

 icon-heart ほとんどお金をかけずに始められる

 icon-heart 在庫を抱えずに、あらゆる商品を扱える

 icon-heart 頑張り次第では、月100万以上稼ぐことも可能

 

次に、アフィリエイターにとってのメリットをお話します。

まず初心者の方にとって嬉しいのは、「手軽に始められる」ということです。

空き時間を使って作業できますし、ほとんどお金をかけなくてもいいので、副業で始めるにはピッタリですね。

必要なのは、ネットにつながったパソコンくらいです。

 

個人的に僕が一番のメリットだと思うのは、在庫を抱えずにありとあらゆる商品を扱えることです。

アフィリエイトは企業の商品を紹介し、それが売れた時に成果報酬を得られる仕組みになっているので・・、

在庫を抱えたり、商品を発送したりする必要がないんです。

それでいて、ありとあらゆる商品を扱えるんですね。

こんな有り難いビジネスの仕組みは、他にはありません。

 

また頑張り次第では、月100万円以上稼ぐことができるのも大きな魅力です。

僕も副業でアフィリエイトを始めて、今では月300万円を稼げるまでになりました。

もちろん「すぐに」「簡単に」稼げるわけではありませんが、夢のあるビジネスなのは間違いありません。

 

アフィリエイト広告のデメリット

実験で失敗して真っ黒になるぴよ子

 

アフィリエイト広告にはたくさんのメリットがありましたが、もちろんデメリットもあります。

こちらについても、企業の目線と、アフィリエイターの目線で、それぞれお話していきます。

 

企業側のデメリット

 icon-heart 狙った成果が出なくても、毎月の固定費用がかかる(ASPに対して)

 icon-heart 成果を得られるまで時間がかかる

 icon-heart 特徴のない商品だと、アフィリエイターに紹介してもらえない

 icon-heart ブランドイメージが崩れる可能性がある

 

費用対効果が高いと言っても、ASPに対して毎月の手数料がかかってしまいます。

この手数料は、狙った成果がまったく出なかった時でも発生します。

 

またアフィリエイターに「この商品を紹介したい!」と思ってもらわなければいけないので・・、

他社のものと差別化できる商品でない場合は、あまり向いていません。

報酬額についても条件をケチってしまうとアフィリエイターに選ばれないので、あまりケチらない方が良いでしょう。

 

それからアフィリエイターが自分のブログに広告を掲載するので、どんな風に紹介されるかはアフィリエイター任せになってしまいます。

場合によっては、意図しない形で紹介されて、ブランドイメージが下がってしまう可能性もあります。

悪質なアフィリエイターに紹介されたら悲劇ですよね・・(;´д`)

 

アフィリエイター側のデメリット

 icon-heart 稼げるようになるまで時間がかかる

 icon-heart 実力にっよって、稼げる金額は変わってくる

 icon-heart 1人で作業するので、孤独を感じやすい

 icon-heart グーグルのアップデートの影響を受けやすい

 

アフィリエイト一番のデメリットは、やはり稼げるようになるまで時間がかかることです。

現に僕自身も初報酬を得るまでに7ヶ月もかかってしまいました。

いったん軌道に乗るとそこからは加速度的に稼げるようになりますが、多くの人は稼げない時期に挫折してしまいます。

 

またしっかりとした「ブログの設計図」を作っておけば、グーグルのアップデートの影響も受けにくくなりますが・・、

多くのアフィリエイターはアップデートの影響をモロに受けてしまいます。

アップデートの影響を受けたくない人は、下記のページをご覧になってみてください。

(参考)⇒ ブログの設計図を作って、10年先でも稼ぐ方法

 

アフィリエイトは成果報酬なので、稼げる金額については人それぞれです。

稼げるようになるためには、「正しい知識」を学ぶことが大切になってきます。

 

【まとめ】アフィリエイト広告の仕組みは素晴らしい

本業とは別にもう1つの収入源を作ったぴよ子

 

アフィリエイト広告の仕組みやメリット・デメリットをお話してきました。

僕自身、広告業界で働いていたこともありますが、これほど魅力的な広告は他にないかと思います。

今、アフィリエイト広告が熱い!デメリットほぼ0の”究極進化版”

 

企業とアフィリエイター、お互いがWINWINになれる素晴らしい仕組みになんですよね (*´ω`*)

アフィリエイト広告に興味を持たれたあなたはかなりのセンスをお持ちなので、ぜひぜひこの素晴らしい仕組みを活用してもらえればと思います。

 

漫画でサクッと理解する

アフィリエイトをマンガで解説1

 

 

無料で教材をプレゼントします

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます。

 

アフィリエイトというのは「正しい知識」を学んで、コツコツと努力していけば、必ず稼げるようになるビジネスです。

続けていくだけで稼げるなんて、そんな「凡人向きのビジネス」は他にないですよね~ (*´ω`*)

 

ただし、間違った知識を得てしまうと、大切な時間や労力をムダづかいすることになってしまいます。

あなたにはそんな回り道をして欲しくありません。

 

なので、僕からのささやかな応援の気持ちとして・・、

「正しい知識」を体系的に学べるオンライン教材"PAP"を、無料でプレゼントいたします。

 

月収300万円を稼ぐ僕が、これまで実践してきて、効果のあったことだけをギュギュっと凝縮してまとめてあります。

"生きたノウハウや考え方"を効率よく学べるようになっているので、「アフィリエイトの教科書」としてご活用ください。

アフィリエイトの教材を無料プレゼント

 

*メールアドレス
*お名前(姓・名)
ikkiへのメッセージをいただければ嬉しいです!

 

※メルマガが不要な場合は、ワンクリックでいつでも解除できます。

 

登録後すぐにメールが届きます。

もしすぐ届かない場合は、「迷惑メールボックスの確認」をお願いします。
(※hotmail・icloudメールは届きにくいので、できれば他のメールでご登録ください。)

 

TOPに戻る

 

 

求めている"答え"が必ず見つかる

category/beginner

category/getting-started

category/earn

category/recommended

category/plot

category/others

category/blog

category/manner

category/not-earn

category/site

category/ad

category/review