【田舎暮らしが夢?】移住してから仕事に困る人が後を絶たない

田舎暮らしで畑仕事をしているぴよ子 仕事
こんな悩みや疑問を3分で解決

田舎暮らしをしたいけど、そもそも仕事はあるのか?

♥ 田舎の仕事について、リアルな実状を知りたい。

田舎に移住したいが、収入面でかなり不安だ。

 

田舎暮らしには憧れるけど、仕事に対する不安が拭いきれない人も多いと思います。

やっぱお金のことなんで、リアルな知識を得ておくことが大切です。

実際に移住してみて、「想像と違った!」ではシャレにならないですからね。

 

・田舎に移住して、本当にいい仕事が見つけられるのか?

・田舎に移住した人たちは、どうやって仕事を見つけたのか?

・そもそも仕事はあるのか?

 

そんなリアルな田舎の仕事の実情に迫ります。

 

田舎暮らしに憧れて移住した人たちは、どうやって仕事を見つけたの?

自然の中で働ける仕事に憧れている人って多いですよね。

 

実は今は大阪に住んでいますが、ど田舎出身の田舎者でして、いつも思うのが・・、

「やっぱ都会は疲れるわぁ (´д`|||)。」

 

ってことで、近い内に田舎への移住を考えています。

空気は美味しいし、自然がいっぱいで癒されるし、食いもんも美味いし、時間もゆったり流れてるし、オマケに生活費も安いし・・。

 

田舎暮らしは男のロマンやろ!!

 

もう早く移住したくてウズウズしながら、理想の田舎を探しているところです。

実際にキャンピングカーで日本全国の田舎を転々とし、田舎に移住した人たちとも酒を飲み交わしながら、「生の声」を聞いてきました。

 

よくよく話を聞いてみると・・、

移住してみて「こんなはずじゃなかった。泣」と後悔している人たちも、かなりの数いるみたいです (;´д`)

 

長年の夢だからと、勢いだけで移住してしまうと、悲惨な目に合ってしまいそうです。

 

田舎に移住して第2の人生を謳歌している人たちは、どうやって仕事を見つけたのか?

こんな疑問を「生の声」を交えながらお話していきますね。

 

【田舎での仕事探し1】インターネット版のハローワークで仕事を探した

みんな最初に考えるのは、ハローワークでの求人ですよね。

地方の会社は「求人=ハローワーク」と短絡的に考えてることが多いので、田舎暮らしをしたい人に向けての情報もけっこう載ってます。

 

また東京や大阪のハローワークでは、「地方就職支援コーナー」っていうのが設置されてて・・、

ネットの情報だけじゃなく、相談員とやりとりしながら希望の仕事を探すこともできます。

 

ただ実際に移住した人たちの話を聞いてみると・・、

「ハローワークを使っていい仕事が見つかった」という人は限りなく少ないように感じました。

「自然の中で働ける仕事」をイメージしてたのに、そのギャップが大きすぎるのが原因みたいですね。

 

【田舎での仕事探し2】UIターン就職フェアに参加して仕事を探した

年に数回なんですが、地方自治体が「UIターン就職フェア」というようなイベントを開催することがあります。

 

地方の会社の採用担当者や、自治体の職員と面と向かって話せるので・・、

「生の声」を聞きながら仕事を探せるのが大きなメリットですね。

 

移住を希望している人たちの相談にも、親身になって乗ってくれる印象があります。

僕なんかはネットの情報だけでは「物足りない!」と感じてしまうんで、こういうイベントを上手く活用していくのはオススメですね。

 

あ、それから国から補助金が出るパターンも結構あるんで、自治体のホームページは要チェックですよ。

イベントの開催日なども分かりますので、興味のあるイベントには顔を出してみたらいいと思います。

 

【田舎での仕事探し3】地域おこし協力隊として働き始めた

田舎はけっこう閉鎖的なんで、新参者を受け入れてくれないケースも多いです。

そこで田舎に馴染むきっかけとして活用できるのが、「地域おこし協力隊」として働くことです。

 

地域おこし協力隊というと聞こえはいいですが・・、

ハッキリ言ってしまえば「単なる雑用係」です。

 

自治体によって当たり外れも激しいみたいで、ブラックの自治体に当たってしまうと悲惨です。

僕も実際に田舎にしばらく住み着いて調査したので、雑用係の大変さを目の当たりにしました。

若いからといって、朝から晩まで重労働させられるパターンも多いみたいですね (;´д`)

 

・廃校になった小学校の掃除だったり・・、

・一日中、田んぼの草刈りをしたり・・、

・ひたすら米俵を運んだり・・、

 

こんなもん月15万でやってられるかー! (´д`|||)

って、言いたくなる仕事の内容です。

もしかしたら巷のブラック企業の方が、まだマシかも知れません・・。

 

しかも3年契約だから、途中で投げ出す訳にはいきません・・。泣

「時間をかけて地元の人たちと信頼関係を築いていける」というメリットはありますが、僕にはちょっと無理ですね。

 

田舎暮らしに憧れてる人は、収入源を作ってから移住しよう

僕もこれまでたくさんの移住者に話を聞いてきましたが、正直言ってみんな仕事探しには苦労されています。

 

「イメージしてた暮らしとぜんぜん違った・・(´д`|||)」

という人もかなり多いです。

 

またそのことが原因で田舎に馴染めず、泣く泣く都会に逆戻りしていく人たちもいるっていうのが実情です。

移住してしまってから後悔しても遅いので、もっとリスクのない方法を選びたいもんですよね。

 

 

そこで僕がオススメするのは・・、

ネットビジネスで収入源を作ってから、田舎に移住する方法です。

 

「ネットで収入を得られる仕組み」さえ作ってしまえば、田舎に行って仕事に困ることはありません。

だってどんなド田舎に行ったとしても、ネット環境くらいはありますから。

 

で、どうやって「継続的に収入を得られる仕組み」を作るかという話なんですが・・、

僕のオススメはアフィリエイトというビジネスです。

 

僕もいろんなネットビジネスを見てきましたが、これに勝るビジネスモデルは他にありません。

 

お金を稼ぐことには天才的な”ホリエモン”こと堀江貴文さんも、アフィリエイトというビジネスを賞賛されています。

・・っていうのも、堀江さんが考えている「儲かる商売の4つの法則」に見事に合致したビジネスモデルだからです。

 

その4つの法則というのが・・、

小資本で始められる

在庫をできるだけ持たない

利益率が高い

定期的な収入が見込める

 

この4つの項目をすべて含んでいて、人口の少ない田舎でも、消費が少ない状況でも、ぜんぜん問題なく稼げるのがアフィリエイトなんです。

パソコン1つあれば仕事ができるというのは、田舎暮らしとの相性はバツグンだと思いませんか?

 

しかもアフィリエイトというのは、継続さえしていけば稼げるようになる「凡人向きのビジネス」です。

才能がなくても、お金がなくても、人脈がなくても、経験がなくても、ぜんぜん問題ありません。

 

唯一のデメリットが、稼げるようになるまで時間がかかるということですが・・、

田舎に移住することを考えたら、長期的な視点で安定収入を作っていくことは、かなり賢い選択じゃないかと思います。

 

現に僕自身も、アフィリエイトで安定収入を得られるようになったからこそ・・、

ド田舎に移住しようと仕事探しで困らないような状況がある訳です。

 

せっかく田舎に移住しても、仕事のことやお金のことで悩んでいたら、何のために移住したのか分からなくなりますよね?

 

 

そんな訳で、「田舎で豊かに暮らしたい」という同じ夢を持っているあなたを応援する企画を用意しました。

二人三脚サポート企画(限定特典)

 

もしあなたがリスクなく、田舎暮らしを実現したいなら・・、

この企画に参加することが、最短かつ最良の方法だと思います。

ってか、これ以上リスクかなく、大盤振る舞いな企画はどこにもないと断言できます!

 

すべて0の初心者でも「これならできる!」という現実的なステップが示されていますので、ぜひ読んでみてください♪

今日も最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。

無料で教材をプレゼントします

僕自身、副業でアフィリエイトを始めたのがキッカケで、自由な生活を手に入れることができました。

期間限定ですが・・、

僕のノウハウを詰め込んだ「アフィリエイト無料教材」をメールマガジンに登録された方にプレゼントします。

月10万円の安定収入を得るための、アフィリエイトの教科書としてお使いください。

アフィリエイトの教材を無料プレゼント

*メールアドレス
*お名前(姓・名)
ikkiへのメッセージをいただければ嬉しいです!(任意)

 

登録後すぐにメールが届きます。

もしすぐ届かない場合は、「迷惑メールボックスの確認」をお願いします。

TOPに戻る

「タメになったな~」と思ったら、ポチッとお願いします (*´ω`*)♪

   ↓     ↓     ↓