【アフィリエイトの教科書】図解でわかる検索エンジンの仕組み

グーグルの検索エンジンと握手するぴよ子 仕組み

この記事はこんな人に向けて書いています

 icon-heart 「検索エンジンの仕組みについて教えて欲しい。

 icon-heart 「アフィリエイトのSEO対策を教えて欲しい。」

 icon-heart 「上位表示される仕組みを知りたい。」

ぴよ子
アフィリエイトにSEO対策は重要なのは分かるけど、初心者にはハードルが高いわね・・。
ふく先生
検索エンジンの仕組みを理解すれば、初心者でも理解できるぞぃ。
ぴよ子
なんか難しそうね。図解入りで分かりやすく教えてちょうだい。
ふく先生
では図解入りで、分かりやすく仕組みを教えてやるぞぃ。

 

「SEO対策をすれば検索順位が上がる」

そのことは知っていても、具体的に何をすればいいかが分からない方も多いと思います。

 

そんな方にまず覚えておいて欲しいのは、「検索エンジンの仕組み」です。

そうすればSEO対策の本質を理解できるし、的外れな対策を行って時間と労力をムダ使いすることもなくなるからです。

 

そんな訳で今回は、図解を入れながら検索エンジンの仕組みについて解説していきます。

最新のSEO対策もお話しますので、「アフィリエイトで稼ぎたい」と思っている方は、ぜひぜひ参考にしてください。

 

グーグルが目指している理想と、それを実現させる仕組み

初心者のぴよ子が運転の練習をしている

 

まずはグーグルが目指している理想は何なのか?

そしてその理想を実現させるために、どんな仕組みがあるのかをお話していきます。

 

グーグルが目指していることはシンプル

グーグルが目指しているのは・・、

世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスして使えるようにすることです。

そのために「ユーザーのニーズにぴったり一致する答えを返せる検索エンジン」を作っているんですね。

 

例えば、「アフィリエイト 仕組み 図解」と検索する人の多くは、「アフィリエイトの仕組みを図解つきで解説している記事」を求めていると予想できますね。

もし図解のない記事や、図解が分かりにくい記事が表示されると・・、

ユーザーは「グーグルで調べても解決しない」と判断し、アクセスしなくなるでしょう。

 

ユーザーに「グーグルの検索エンジンは使い物にならない」と思われてしまったら、グーグルの経営は傾いてしまいます。

メインの収入源である「広告収入」が減ってしまうからです。

 

なのでグーグルとしては、どの検索エンジンよりも莫大なお金と労力をかけて・・、

「ユーザーに役立つ検索エンジンを作ること」を追求しているのです。

 

理想を実現させる仕組みが「アルゴリズム」

ユーザーに適切な情報を届けるために使われているのが、「アルゴリズム」と呼ばれる計算式です。

この計算式を使って、1つひとつのWebページにスコアを付けて、スコアが高い順に上位表示させているのです。

 

「じゃあ、アルゴリズムの判断基準さえ分かれば、上位表示させられるよね。」と思うかも知れませんが、そう簡単な話じゃありません。

判断基準は200以上あると言われているし、その詳細も公開されていないからです。

グーグルのみぞ知るブラックボックスなんですね。

 

もしその判断基準を一般に公開してしまったら、そこから逆算して高いスコアを狙う人たちが続出してしまいます。

これって、パチンコメーカーが最新台の攻略法を公開しないのと同じです。

ズルい攻略法を使って、荒稼ぎする人が続出してしまったら困りますからね・・(;´д`)

 

ただし、グーグルがどんなアルゴリズムを持っているのか、ある程度推測することはできます。

ここからは最新の研究結果に基づいて、「検索エンジンの仕組み」と「攻略法」を分かりやすくお話していきます。

 

図解で分かりやすい!検索エンジンの3つの仕組み

プロペラの回る仕組みを学ぶぴよ子

 

ここからは検索エンジンの仕組みについて、図解を使って解説していきます。

下記の3つの仕組みに分けてお話します。

 

 icon-heart クロール(新たなWebページを見つける仕組み)

 icon-heart インデックス(データベースに情報を保管する仕組み)

 icon-heart ランキング(検索順位を決める仕組み)

ここから1つずつ順番にお話していきましょう。

 

【クロールを図解】新たなWebページを見つける仕組み

クローリング

 

ネット上には数えきれないほどのWebページが存在しているし、毎日その数は増えていきます。

その無数にあるWebページの情報をどうやって集めているのかというと・・、

クローラーと呼ばれるロボットが、常にネット上を巡回して集めているんです。

 

このクローラーが新しいURLを見つける度に、「新しいページが作られたよ」とグーグルに側に伝えているんですね。

そうやって世界中のWebページのデータを、蓄積していってる訳です。

 

あなたが記事を更新した場合も、クローラーが巡回してきてその記事を見つけてくれます。

「ちょっとでも早く見つけて欲しい」という方は、下記のような工夫をしましょう。

 

・サイトマップを送信する

・サーチコンソールの「URL検査」で知らせる

・外部サイトからリンクを貼る

・サイトを階層化しておく

・パンくずリストを設定する

 

【インデックスを図解】データベースに情報を保管する仕組み

インデックスする

 

クローラーが集めた情報を、巨大なデータベースに登録することを「インデックス」と言います。

この「インデックス」をされて、はじめて正式にグーグルに登録される(=検索結果として表示される)ようになります。

 

インデックスする際には、そのWebページからキーワードを自動で抽出して、分類&整理された状態で登録していきます。

キーワードをどうやって抽出するのかというと、主に下記の5つから抽出していきます。

 

・記事のタイトル

・記事の要約(description)

・見出し

・パンくずリスト

・本文

 

この5つの中に、その記事で狙っているキーワードを含ませておくことで・・、

正しく分類された状態で登録されるようになります。

 

【ランキングを図解】検索順位を決める仕組み

ランキングを付ける

 

インデックスされた莫大なWebページの中から、ユーザーに最適な情報を届けられるように、それぞれのページの順位づけを行なっています。

このことを「ランキング」と言います。

 

ランキングの作業は、グーグル独自のルールに基づいて行われます。

このルールは日々改善していて、これまでに何度もアップデートが繰り返されてきました。

パンダアップデートやペンギンアップデート、健康アップデートなどが有名ですね。

 

また機械的な判断だけじゃなく、有識者の目(エンジニアや法律の専門家など)によるチェックも行われています。

さまざまな計算式や有識者の判断によって、Webページは公平に評価されているのです。

 

検索順位を決める3つの重要な要素(最新版)

アフィリエイトの正しい知識を教えているフクロウ先生

 

検索順位を決めるアルゴリズムは200以上の要素がありますが、そのすべてを知る必要はありません。

ここからはその中でも、特に重要な3つの要素を見ていきましょう。

 

この3点を意識しながら書いていくと、あなたの記事も上位表示されやすくなりますよ。

 

読者さんが求めている答えを提供しているか

ユーザーは調べごとをする際に、キーワードを使って検索します。

 

 icon-heart なぜそのキーワードで検索したのか?

 icon-heart 何を知りたくて、何を解決したいのか?

 

こういう検索した理由(検索意図)を理解して、それにドンピシャに応えているWebコンテンツが、検索上位に表示されるのです。

図解で言うと、下図のようになります。

読者さんのニーズに応える記事を書く

 

なので、あなたが記事を書く際には、必ずユーザーの検索意図を考えるようにしてください。

具体的には、実際にそのキーワードを打ち込んで、その検索結果から読み取る方法がシンプルです。

 

実際に上位表示されているということは、グーグルに評価されていると言えるので・・、

どんな内容が書かれているのかをしっかり読み込んでいきます。

少なくともトップ10の内容は読んで、それを参考にしながら書いていきましょう。

 

僕は「少しでもラクして書きたい」、「リサーチに時間をかけたくない」と思っているので、この作業はツールにやってもらっています。

スカウターでカラスの戦闘力を見破るぴよ子

コンテンツスカウターZは使えない?達人のSEO対策を図解|特典も大評判

コンテンツスカウターZは使えない?達人のSEO対策を図解|特典も大評判

 

面倒くさがり屋さんは、ぜひぜひ上記の記事を参考にしていただければと思います。

2~3時間かかるリサーチが、たった10分で終えることができますよ (*´ω`*)

 

記事の内容は信頼できるものか

いくらユーザーのニーズに応えている内容だとしても、その情報が信頼できるものでないといけません。

特に、医療に関する情報や、お金に関する情報では、誤った情報が上位表示されてしまったら大変ですよね・・(´д`|||)

 

なのでグーグルは、「誰が書いた記事なのか?」、「どうやって書かれた記事なのか?」を重要視しています。

具体的には、下記の3つを見ています。

 

 icon-heart 専門性(Expertise):その分野の専門家が書いているか

 icon-heart 権威性(Authoritativeness):専門性のあるサイトからリンクや紹介があるか

 icon-heart 信頼性(Trustworthiness):サイト全体の情報が信頼に値するか

 

それぞれどうやって高めるかを、ざっくり一覧表でまとめてみました。

いきなり全部は無理なので、できることからやっていきましょう。

 

専門性①ジャンルを特化させる
②専門的な知識を学ぶ
③専門家に取材する
権威性①個人情報を開示する
②質の高い被リンクをもらう
③自分をブランディングする
信頼性①情報を詳しく開示する
②編集ポリシーを公開する
③専門性のある情報を引用する

 

表示速度は早いか

お目当てのサイトがなかなか開かない時って、無性にイライラしますよね?

ページの表示速度が遅いと、待ちきれなくてページを閉じてしまう人は多いものです。

 

なのでグーグルはユーザーの使い勝手を最優先して・・、

「ページの読み込み速度」もランキングを決める際の重要な要素にしたんです。

 

ページの読み込みが遅いという理由だけで、せっかくサイトに来てくれたユーザーを逃がすのは勿体ないです。

ランキングの観点だけではなく、直帰率や離脱率にも悪影響を与えますからね (;´д`)

 

なので表示スピードを早くするようにしましょう。

表示速度の計測&改善には、グーグルが提供している「PageSpeed Insights」という無料のツールが便利です。

 

このツールが優れているのは、速度の計測だけじゃなく、どうすれば表示スピードを早くできるのかアドバイスもしてくれる点です。

使い方は簡単で、検索窓にあなたのサイトのURLを入力して、「分析」ボタンを押すだけです。

スコアが高い方が、表示スピードが早いということです。

サイトの表示スピード(パソコン)

 

良質な記事を書くことは大前提として・・、

「ユーザーにストレスを与えない」ようなアフィリエイトのサイトを作っていきましょう。

 

【まとめ】検索エンジンの仕組みを理解して、アフィリエイトに取り組もう

グーグルの検索エンジンと握手するぴよ子

 

ここまで「検索エンジンの仕組み」についてお話してきました。

この仕組みをしっかり理解した上で・・、

ユーザーのニーズにドンピシャで応えられる「上質な記事」を書いていきましょう。

 

グーグルの理念に寄り添うことが、最強のSEO対策になります。

それを意識して書いていけば、あなたのアフィリエイト報酬も増えていきますから (*´ω`*)

 

漫画でサクッと理解する

アフィリエイトをマンガで解説1

 

 

無料で教材をプレゼントします

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます。

 

アフィリエイトというのは「正しい知識」を学んで、コツコツと努力していけば、必ず稼げるようになるビジネスです。

続けていくだけで稼げるなんて、そんな「凡人向きのビジネス」は他にないですよね~ (*´ω`*)

 

ただし、間違った知識を得てしまうと、大切な時間や労力をムダづかいすることになってしまいます。

あなたにはそんな回り道をして欲しくありません。

 

なので、僕からのささやかな応援の気持ちとして・・、

「正しい知識」を体系的に学べるオンライン教材”PAP”を、無料でプレゼントいたします。

 

月収300万円を稼ぐ僕が、これまで実践してきて、効果のあったことだけをギュギュっと凝縮してまとめてあります。

“生きたノウハウや考え方”を効率よく学べるようになっているので、「アフィリエイトの教科書」としてご活用ください。

アフィリエイトの教材を無料プレゼント

 



*メールアドレス
*お名前(姓・名)
ikkiへのメッセージをいただければ嬉しいです!

 

※メルマガが不要な場合は、ワンクリックでいつでも解除できます。

 

登録後すぐにメールが届きます。

もしすぐ届かない場合は、「迷惑メールボックスの確認」をお願いします。
(※hotmail・icloudメールは届きにくいので、できれば他のメールでご登録ください。)

 

TOPに戻る

 

 

求めている”答え”が必ず見つかる

category/beginner

category/getting-started

category/earn

category/recommended

category/plot

category/others

category/blog

category/manner

category/not-earn

category/site

category/ad

category/review