【アフィリエイトの仕組み作り】DRMを自動化させる最強の戦略

プロペラの回る仕組みを学ぶぴよ子 仕組み
無料教材プレゼント

 

この記事はこんな人に向けて書いています

「アフィリエイトの仕組み作りを学びたい。

「アフィリエイトを自動化させたい。」

「DRMについて詳しく知りたい。」

ぴよ子
ふく先生って、いつもヒマそうだよね?
ふく先生
ヒマそうじゃと・・。汗
ぴよ子
あんなに稼いでるのに、不思議だよね?
ふく先生
そればアフィリエイトの「仕組み作り」に力を入れておるからじゃよ。

 

アフィリエイトは、しっかり仕組み作りをしていくことで、長期的に安定的に稼げるようになっていきます。

そんな訳で今日は、僕がやっている仕組み作りを分かりやすく解説していきたいなぁと思います。

 

アフィリエイト中級者さん向けの内容ですが・・、

初心者の方でも「1つひとつの作業は難しくないんだな」ということは分かっていただけると思います。

初心者の方でも理解できるように、図解を使ってできるだけ丁寧に仕組み作りについて解説していきますね。

 

アフィリエイトで大きく稼ぐための仕組み作り

コツコツと作業を積み上げていくことで、僕たち凡人でも「稼げる仕組み」を作っていけるのが、アフィリエイト最大の魅力だと思います。

 

毎日コツコツとレンガを積み上げていって、気がつけば立派なお城が出来上がってる・・みたなイメージですね。

完成形を明確にイメージして作業をするぴよ子

 

もちろんお城を完成させるためには、お城の完成図をイメージしながら作業していかないといけませんよね。

ここで言うお城の完成図というのは、「稼げる仕組み作りの全体像」のことです。

 

「稼げる仕組み作りの全体像」を頭に入れた上で、日々のアフィリエイトの作業に取り組んでいけば・・、

その労力も時間も、一切ムダにはならないのです (*´ω`*)

 

ここからはその「稼げる仕組み作りの全体像」についてお話していきます。

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)と言われていますが・・、

これを実践していくことで、あなたはアフィリエイトでとてつもなく大きな金額を稼げるようになります。

なので、しっかりマスターしていきましょう。

 

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)とは?

そもそも横文字で難しそうな名前ですが、日本語で分かりやすく言うと・・、

「お客さんと直接関わって、反応を引き出していく手法」のことです。

 

もっと噛み砕いて言えば、「お客さんと直接コミュニケーションを取っていく手法」ということですね。

 

DRMの大きな特徴は、下記の2点です。

 icon-heart めちゃくちゃ費用対効果が高い

 icon-heart めちゃくちゃ成約率が高い

 

お金もかけないで、成約率が高いんだから、これほど有り難い手法はないですよね (*´ω`*)

 

なぜこんなことが可能なのかと言うと・・、

「誰かこれに興味ある人、いませんか~?」と聞いて、

「は~い!」と手を挙げてくれた人だけとコミュニケーションを取っていく手法だからです。

 

要は、「濃い見込み客」とだけ、コミュニケーションを取っていく手法なんですね。

その中で、読者さんのタメになる有益な情報を提供していって、信頼関係を築いていきます。

その上で商品を販売するので、必然的に成約率も高くなるという訳です♪♪

 

これがダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)の大まかな流れですが・・、

もうちょっと理解を深めるために、DRMを実践している有名なテレビCMを見てみましょう。

 

 

かなり「お得感」を感じさせるテレビCMですよね。

思わず僕の親にもオススメしたくなるような保険です (*´ω`*)

 

ところであなたは、「このテレビCMで何を狙っているのか?」が分かりましたか?

 

このCMでは、「こんな保険に興味ある人はいませんか?」と問いかけて・・、

興味のある人に「は〜い!」と手を挙げてもらうのが目的なんです。

 

そして興味のある人は、電話をかけて資料請求することになるんですが、その際に・・、

「お客さんの名前や、住所、電話番号などを知ることができる」というのがミソなんですね。

 

つまりアメリカンホーム・ダイレクトという会社は、優良顧客の「顧客リスト」を手に入れるために、テレビCMを使っている訳です。

顧客リスト」を集めるためには、ウン百万円という広告費を投入する価値があると判断してるんですね。

 

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)の3つのステップ

ここまでダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)について解説してきましたが、DRMには3つのステップがあります。

先ほどの「見込み客リストを集める」というのが、(ステップ1)になります。

 

(ステップ1)見込み客リストを集める ⇒ 集客

(ステップ2)タメになる情報を伝える ⇒ 教育

(ステップ3)欲しい人に商品を売る ⇒ 販売

 

この3つのステップで・・、

「集客→教育→販売」を行なっていく訳ですね。

 

先ほどのアメリカンホームダイレクトのテレビCMを例に説明すると・・、

(ステップ1)
テレビCMで顧客リストを集める ⇒ 集客

(ステップ2)
魅力的な資料を送ったり、営業マンから電話したりして、タメになる情報を提供していく ⇒ 教育

(ステップ3)
お客さんと十分コミュニケーションをとった上で、お客さんにピッタリな保険を販売する ⇒ 販売

・・という具合です。

 

この「集客→教育→販売」の流れこそが、ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)の基本形なんです。

 

DRMの流れを自動化させる

DRMの流れが理解できたところで・・、

これをアフィリエイトの「仕組み作り」に活かしていきます。

 

つまり、「集客→教育→販売」という3つの役割を、下記のようにブログとメルマガに落とし込んでいく訳です。

 

 icon-heart 集客(見込み客を集める)⇒ ブログ

 icon-heart 教育(タメになる情報を伝える)⇒ メルマガ

 icon-heart 販売(欲しい人に商品を売る)⇒ メルマガ&ブログ

 

ここからは、上記のステップを「自動化させていくこと」について、それぞれ1つずつ解説していきます。

 

自動で稼ぐ仕組みを完成させたぴよ子

 

【アフィリエイトの仕組み作り1】集客の自働化

「集客の自動化」と言うと大げさですが、実はブログ記事を書き貯めていくことで、誰でも普通にできちゃうことなんです。

一度書いたブログ記事というのは、半永久的にネット上に残るので、1つひとつの記事が集客してくれるようになるからです。

 

ただしきっちりキーワード選定した上で、SEOを意識しながらブログ記事を書いていかなければいけません。

アフィリエイターにとっては当たり前のことなんですが、ほとんどのブロガーはできていません。

だからこそちゃんと実践すれば、誰でもアクセスを集められる(集客できる)ようになります (*´ω`*)

 

キーワード選定については、読者さんが実際に検索しているワードを見つけて、くまなく記事を書いていく下記の方法がオススメです。

ロングテールの滑り台を楽しむぴよ子

アフィリエイトはロングテールSEOで、安定的&長期的に稼げ!

2019年3月25日

 

月間検索件数の少ないキーワードを拾って、くまなくブログ記事を書いていくというのは、ハッキリ言って時間がかかります。

でもその1つひとつの記事が今後もずっと集客してくれることを考えると、その苦労も報われますよね (*´ω`*)

アクセスが増えれば、あとはしばらく放置しておいても集客できるブログに育っていきます。

 

そして一番大切なのが、ブログで集客してそれで終わりじゃないということです。

むしろ、ここからが本当のスタートです。

 

ブログを訪れてくれた読者さんというのは、あくまで「その場限りの一元さん」に過ぎません。

たまたまあなたのブログに立ち寄ってくれただけなんで、そのまま放っておいたら二度と連絡が取れませんよね。

 

なので、いつでも連絡を取れるように、メルマガに登録してもらうことが大切なんです。

僕のブログ記事には、記事下にもメルマガ登録フォームを設置してあります。

これを設置しておくことで、僕の記事に興味を持ってくれた読者さんが、毎日数人ずつ登録していってくれる訳です。

 

先ほどのアメリカンホーム・ダイレクトでは・・、

優良顧客の「顧客リスト」を手に入れるために、ウン百万円という広告費を使ってテレビCMを流していましたよね。

 

それと同じで、僕たちアフィリエイターは・・、

優良顧客の「顧客リスト(メールアドレス)」を手に入れるために、ブログ記事を書いていくという訳です。

 

大企業みたいに莫大な「お金」を投入できない代わりに、「労力」を投入していきましょう♪ということです。

そこにかけた労力も時間もムダにならない(=今後もずっと集客し続けてくれる)というのが、アフィリエイトの素晴らしいところです (*´ω`*)

 

ブログ集客の仕組み

 

【アフィリエイトの仕組み作り2】教育の自働化

「教育」なんて言うと偉そうな響きに聞こえますが、具体的にすることは・・、

メルマガを使って、価値ある情報を届けることです。

 

メルマガの読者さんに、

「このメルマガはタメになるなぁ♪」

「また続きを読みたいなぁ♪」

・・と思ってもらうことが大切です。

 

たまに怒涛のセールスを仕掛ける人もいますが、そんなことをしてもメルマガを解除されるのがオチです。

(あなたが逆の立場だったら、そんなメルマガ読みたくないでしょ?)

なのでこのステップでは、価値ある情報を提供し続けて、読者さんから信頼してもらうことを目指していきましょう。

 

そしてこのメルマガを送る作業を、ステップメールという機能を使って自動化していきます。

ステップメールというのは、予めメルマガをセットしておけば、シナリオ通りにメルマガを送ってくれる自動配信システムのことです。

 

1通目はメルマガを登録してくれた直後に、お礼のメールを届ける。

2通目は登録から〇日後の〇時に届ける。

3通目は登録から〇日後の〇時に届ける。

 

・・とう具合に、前もってセットしておいた時間に、メルマガを自動で送ってくれるシステムです。

これを使うと、読者さん1人ずつに手動でメールを送らなくて済みます。

 

またどのタイミングで読者登録してくれても、必ず1通目から読めるので・・、

読者さんからしても「途中から読んだから意味が分からない」ということにはなりません。

 

価値ある情報を届けて、読者さんと信頼関係を築いていくのは、もってこいのシステムですよね (*´ω`*)

ただし、「このステップは完全に自動化しない方がいい」というのが僕の考えです。

 

僕がオススメするのは、読者さんと積極的に交流することです。

読者さんの質問に答えたり、感想を送ってもらったり、いろんな形で交流を深めていくようにしましょう。

 

本当の信頼関係というのは、そうやって築き上げていくものだと思うので (*´ω`*)

 

読者さんに与え続けるフクロウ先生

 

【アフィリエイトの仕組み作り3】販売の自働化

ここまでのステップを確実に踏んでおくと、「販売」に関してはそんなに難しいことではありません。

信頼している人が「これがオススメですよ」と言えば、無条件で買ってくれる人もいるくらいです。

 

あえてポイントを挙げるとすれば・・、

販売はメルマガで行うのではなく、ブログ記事に誘導して行った方が良いということです。

 

その理由は、ブログの方が図解や写真、イラストなども使えるので、視覚的に優れているからです♪

文字ばかりのメルマガよりも、断然ブログの方が成約率が上がります (*´ω`*)

 

具体的には、メルマガで途中まで書いて、「つづきはコチラ」という風に、ブログ記事へのリンクを貼っておきましょう。

そこまでの段階で、いかに読者さんに買う気満々になってもらうかが成功のポイントです。

 

このステップも、ブログとステップメールを使うことで、カンタンに自動化することができますよね。

 

【まとめ】アフィリエイトの仕組み作りについて

「ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)」とか、

「アフィリエイトの仕組み作り」とか、

「アフィリエイトの自動化」とか、

 

そういう言葉を聞くと、難しく感じたり、胡散くさく感じたりする人も多いですが・・、

アフィリエイトの仕組み作りって、そんなに複雑なものではないということが分かってもらえたと思います (*´ω`*)

 

そしてコツコツと努力していけば、僕たち凡人にでも仕組み作りはできるんだなぁ~と感じてもらえたんじゃないでしょうか?

実際に、凡人の僕でもアフィリエイトの仕組み作りをして、大きな金額を稼ぐことができています。

 

確かに、「誰でも」「簡単に」「すぐに」できるという話じゃないですが、1つひとつの作業は決して難しいものではありません。

仕組み作りの詳しいやり方については、僕のメルマガで丁寧に解説しています♪

無料のプレゼントもありますので、このまま下にスクロールして、ぜひご登録下さいませ。

 icon-heart ブログの内容で分かりにくいところ

 icon-heart 困ったことがあって相談したいこと

・・があれば、お気軽にお問い合わせ下さいね~ (*´ω`*)
 

今日も最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。

 

無料で教材をプレゼントします

僕自身、副業でアフィリエイトを始めたのがキッカケで、自由な生活を手に入れることができました。

期間限定ですが・・、

僕のノウハウを詰め込んだ「アフィリエイト無料教材」をメールマガジンに登録された方にプレゼントします。

月10万円の安定収入を得るための、アフィリエイトの教科書としてお使いください。

アフィリエイトの教材を無料プレゼント

*メールアドレス
*お名前(姓・名)
ikkiへのメッセージをいただければ嬉しいです!

登録後すぐにメールが届きます。

もしすぐ届かない場合は、「迷惑メールボックスの確認」をお願いします。

TOPに戻る

 

最後までお読みいただきありがとうございます

この記事の内容が「分かりやすかった icon-heart 」・「役に立った icon-heart 」と思ったら、ぜひSNSで記事を共有して下さいませ~ (*´ω`*)