【100%会社にバレない】自宅でできる副業5選&税金のマメ知識

アフィリエイトで稼ぐ主婦のにわとりママ 副業

この記事はこんな人に向けて書いています

 icon-heart 「会社にバレないように副業したい。

 icon-heart 「自宅で副業したいけど、会社にバレないか不安。」

 icon-heart 「税金の仕組みを、サルでも分かるように教えて欲しい。」

ぴよ子
会社にバレないように副業したいのよね。
ふく先生
最近は会社の方も、副業を推進しとるんじゃないのか?
ぴよ子
まぁ~そうなんだけど、やっぱり副業してるのは隠しておきたいものなのよ。
ふく先生
そんなもんかのぉ。では、100%会社にバレないで副業するコツを話していくぞぃ。

 

「一生懸命働いていても給料は増えない」

「コロナの影響で、本業だけでは不安」

・・ということで、副業することを考える人が増えてきました。

 

「副業してもいいよ」という大企業もちらほら出てきましたが・・、

中小企業では未だに、「副業してます!」と大手振って言える雰囲気じゃないですよね。

 

そんな訳で今回は、100%会社にバレないで副業を始める方法」をお話していきます。

その上で最後に、自宅でできるおすすめの副業も5つ紹介します。

 

会社に副業がバレないためにも、税金の仕組みを知ろう

真剣に読書をするぴよ子

 

会社にバレないように副業するには、「税金の仕組み」を知っておく必要があります。

最低限知っておくべきことを、できるだけ分かりやすくお話していきますね。

 

副業がバレる原因のほとんどは「住民税」だった

会社に副業がバレる原因としては、自分で同僚に喋ったり、SNS上に本名を公開したりということも挙げられます。

でも実際のところ、会社に副業していることがバレるのは、「住民税」が原因であるケースがほとんどです。

 

住民税というのは、自分が住んでいる市町村に納める税金のことです。

ちなみに、会社員と個人事業主では、支払い方が違います。

 

・会社員 ⇒ 給料から天引きされて、会社がまとめて支払う

・個人事業主 ⇒ 税務署に自分で確定申告して支払う

 

会社員の場合、住民税は給料から天引きされるんですが・・、

副業で稼いでいると納税額が高くなるので、「会社の給料以外に所得があるんだな!」とバレてしまう訳です。

 

住民税が天引きされる仕組みを、もう少し詳しくお話しておくと・・、

(1)従業員が住んでいる地域の役所に、会社が「給与支払報告書」を提出する

(2)副業をしている人の場合、複数の会社から「給与支払報告書」が提出される

(3)役所はこれを合計して住民税の額を算出して、「住民税決定通知書」を会社に送る

(4)会社は「住民税決定通知書」に書かれてある金額を、給料から天引きする

 

ここでなぜバレるのかというと・・、

「住民税決定通知書」は、給料がいちばん多い会社に送付されるからです。

ほとんどの場合、本業である会社の給料がいちばん多いので、一発でバレてしまうという訳です。

 

そもそもなぜ給料から天引き(源泉徴収)されるのか?

給料から天引きするのは、税金の取りっぱぐれを防ぐためです。

本来であれば、会社員も給料を満額受け取った上で、後から税務署に自分で確定申告した方がシンプルですよね。

でも国としては、その方式だけは絶対に避けたいんですよ。

 

個人に任せておいたら、税金を払わない人が続出してしまうからです。

できる限り「税金の取りっぱぐれ」をなくしたい訳ですね。

 

そこで、どうやったら税金を取りっぱぐれることなく、効率よく徴収できるかを考えたんですね。

そこで編み出されたのが、税金の前払い方式だったんです。

 

会社の給料から天引きさせて、給料を支払う前に税金を徴収してしまおうという訳です。

そうすれば効率よく徴収できるし、漏れなく全員から税金を徴収できますからね。

この仕組みを考えた人は賢いというか、いかにもお役人的な発想ですね。

 

会社にバレる副業とバレない副業

ラーメン屋の集客をしているぴよ子

 

副業が会社にバレるかバレないかは・・、

「誰が住民税を納めているのか?」によって決まります。

 

 icon-heart 会社員・・会社が天引きして住民税を納めている

 icon-heart 個人事業主・・自分で確定申告して住民税を納めている

 

この違いが、重要なポイントになります。

ここから具体例を挙げながら、分かりやすく説明していきます。

 

「会社員+お店でアルバイト」のパターンはバレる

会社勤めをしながら、どこかのお店でバイトを掛け持ちした場合を考えてみましょう。

 

・本業の会社が、「給与支払報告書」を市町村に提出

・バイト先のお店も、「給与支払報告書」を市町村に提出

 

このように会社とバイト先のお店が、それぞれ別に「これだけ給料を支払いましたよ」と報告される訳です。

ここで1つ大問題があって・・、

市町村に納める住民税だけは、給料の多い方の会社がまとめて払うのです。

 

例えば、バイトを掛け持ちしていて、下記のような年収だったとしましょう。

・本業の会社:年収400万円(40万円の住民税を支払う義務がある)

・副業のバイト:年収100万円(10万円の住民税を支払う義務がある)

 

この場合、給料が多い本業の会社の方に・・、

市町村から「住民税を50万円納めてくださいね」と連絡がいくのです。

この時点で、会社の経理にバレてしまいます。

 

「会社員+自宅で副業」のパターンはバレない

次に、会社勤めをしながら、自宅で副業(=個人事業主になる)した場合を考えてみましょう。

 

・本業の会社が、「給与支払報告書」を市町村に提出

・自宅での副業は、自分で確定申告して納税(=天引きされることがない)

 

この場合、それぞれバラバラに税金を納める形になるので、副業していることが会社にバレないのです。

ただし、1つだけ注意点があります。

確定申告する際には、必ず「自分で納付する」にチェックを入れてください。

 

チェックを入れ忘れてしまうと、会社に連絡がいき、会社の給料から天引きされてしまいます。

つまり、副業していることが、会社に筒抜けになってしまうんです。

 

「自分で納付」にチェックを入れておくことで・・、

副業していることが、会社にバレることは99%ありません。

 

100%バレないために、市役所に確認しよう

先ほど、確定申告をする際に「自分で納付」にチェックを入れておけば、99%会社にバレないとお話しました。

でもごく稀に、会社にバレてしまうケースがあるんです。

その原因は、担当者のチェックミスです。

 

やっぱり人間がやることなので・・、

「自分で納付」にチェックを入れたにも関わらず、間違って会社に連絡を入れてしまうケースもあるんですね。

 

それを防ぐ方法は、1つしかありません。

確定申告の時期になったら、市役所の個人市民税課に電話をして、ちゃんと「自分で納付」になっているかを確認しましょう。

これで副業していることは、100%会社にバレないようになります。

 

副業せずに、会社に依存するのは危険すぎる

爆弾を抱えていることに気付かない大企業のカラス社長

 

ここからは一刻も早く、副業した方がいい理由についてお話していきます。

「あまり語られていない事実」も公開するので、心臓の悪い方は読まない方がいいかも知れません。

 

国はあなたのことを守ってくれない

日本はとんでもない勢いで、「少子高齢化」への道を突き進んでいます。

3人に1人が65歳以上の高齢者という時代が、もう目の前まで来ているんです。

このまま放っておいたら、年金などの社会保障も破綻してしまうのは、サルでも分かりますよね・・(;´д`)

 

じゃあ、この問題を国はどう考えているのか?

国が考えているのは、「老後も企業に面倒を見てもらおう」という魂胆です。

「国では国民の面倒を見れないので、70歳まで定年を延長してね」という風に法律を改定したんですね。

(参照)⇒ 厚生労働省のホームページ

 

今のところ義務ではありませんが、その内に義務化されていく流れになっていくでしょう。

表向きには「高齢者が活躍できる社会に!」などと謳っていますが・・、

要は、「おじいちゃんになっても企業で面倒見てあげてね」と、企業に丸投げしているだけなんですね (´д`|||)

 

さらには、国民にも丸投げする始末です。

金融庁が「会社員が退職した後、老後の生活を送るのに2,000万円不足する」という試算を出しました。

年金制度は破綻することが分かっているから、自分で何とか2,000万円貯めておいてねという訳です。

 

財務大臣の「上から発言」が物議を呼びましたよね。

 

要は、国はあなたのことなんて、これっぽっちも面倒見るつもりがないのです。

政治家というのは、「自分さえ良ければそれでOK」という輩ばっかりですから・・(´д`|||)

 

会社もあなたのことを守ってくれない

じゃあ、企業は本当に70歳まで面倒を見てくれるんでしょうか?

これも無理な話ですよね・・。

 

トヨタの社長も、経団連の会長も、「終身雇用なんて無理」と言い切ってます。

企業の本音は、社員を定年まで雇うつもりなんて、さらさらないのです。

 

国は「企業に70歳まで面倒を見てあげてね」と押しつけていますが・・、

企業も「70歳まで面倒なんて、見れるはずないでしょ」と突っぱねている訳です。

体力のある大企業でもコレなんだから、ほとんどの中小企業も定年まで面倒を見るなんて無理でしょう。

 

しかも今後、会社員の給料が上がる可能性は極めて低いです。

その理由は、企業も生き残るのに必死だから・・。

 

利益が出たとしても、それを「将来の成長を見込める分野」にどんどん投資しているんです。

「頑張って業績が上がったら、昇給してあげるね」なんてお人好しな会社は、ほとんど存在しません。

今後は、ますますこの流れが加速していくはずです。

 

【結論】会社にバレないように、今すぐ副業を始めよう!

低い目標設定をしているぴよ子

 

 icon-heart 国は企業に、定年まで面倒を見てねと丸投げしている

 icon-heart 企業も定年まで面倒見る気なんてない

 icon-heart 年金ももらえるかどうか分からない

 icon-heart 給料が上がる見込みもない

 

そんな状況の中、僕たちは自力で2,000万円貯めておかないといけない訳です。

このまま何もしないでいたら、破綻するのが目に見えてますよね・・(´д`|||)

 

じゃあ僕たちはどうすればいいのか?

自分の身は、自分で守るしかないんです。

 

自分の身を守るためには・・、

今から副業を始めて、もう1つの収入源を確保しておくのが最良の方法だと思います。

 

下記の記事で、自宅でできるおすすめの副業を5つ紹介しています。

安全な副業をおすすめしているぴよ子

【学生でも安全な副業5選】”仕事のウラ側”を経験者が激白してみた

【学生でも安全な副業5選】”仕事のウラ側”を経験者が激白してみた

 

すべて僕自身が経験してきた副業なので、良いところ悪いところを、本音でぶっちゃけています。

また「リスクがない」、「誰でもできる」、「大きく稼げる」、「すぐに稼げる」の4項目を、 icon-star の数で比較できるようになっているので、ぜひぜひ参考にしてもらえればと思います。

 

漫画でサクッと理解する

アフィリエイトをマンガで解説1

 

 

無料で教材をプレゼントします

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます。

 

アフィリエイトというのは「正しい知識」を学んで、コツコツと努力していけば、必ず稼げるようになるビジネスです。

続けていくだけで稼げるなんて、そんな「凡人向きのビジネス」は他にないですよね~ (*´ω`*)

 

ただし、間違った知識を得てしまうと、大切な時間や労力をムダづかいすることになってしまいます。

あなたにはそんな回り道をして欲しくありません。

 

なので、僕からのささやかな応援の気持ちとして・・、

「正しい知識」を体系的に学べるオンライン教材”PAP”を、無料でプレゼントいたします。

 

月収300万円を稼ぐ僕が、これまで実践してきて、効果のあったことだけをギュギュっと凝縮してまとめてあります。

“生きたノウハウや考え方”を効率よく学べるようになっているので、「アフィリエイトの教科書」としてご活用ください。

アフィリエイトの教材を無料プレゼント

 



*メールアドレス
*お名前(姓・名)
ikkiへのメッセージをいただければ嬉しいです!

 

※メルマガが不要な場合は、ワンクリックでいつでも解除できます。

 

登録後すぐにメールが届きます。

もしすぐ届かない場合は、「迷惑メールボックスの確認」をお願いします。
(※hotmail・icloudメールは届きにくいので、できれば他のメールでご登録ください。)

 

TOPに戻る

 

 

求めている”答え”が必ず見つかる

category/beginner

category/getting-started

category/earn

category/recommended

category/plot

category/others

category/blog

category/manner

category/not-earn

category/site

category/ad

category/review