今、アフィリエイト広告が熱い!デメリットほぼ0の”究極進化版”

アフィリエイト市場が伸びていることを喜ぶぴよ子 広告
無料教材プレゼント

 

この記事はこんな人に向けて書いています

 icon-heart 「アフィリエイト広告って、効果あるの?

 icon-heart 「アフィリエイトの将来性は?」

 icon-heart 「アフィリエイト広告のデメリットは?」

ぴよ子
なんか最近、アフィリエイト広告ってよく耳にするのよね。
ふく先生
最近はアフィリエイト広告を採用する企業も増えたからのぉ。
ぴよ子
そうなの?!なんかアフィリエイトって怪しいイメージなんだけど。
ふく先生
昔はみんなそう思っとたんじゃが、今では大企業も積極的にアフィリエイト広告を使っておるんじゃよ。

 

僕自身、広告業界で3年ほど働いていたので・・、

広告会社の【醜い実態】も知り尽くしています。

 

ハッキリ言って、広告会社の営業マンは「広告枠を売ること」しか考えていません。

ぶっちゃけ、お客さんの業績がどうなろうと知ったこっちゃないんです。

(もちろん広告を打ち続けてもらうために、成果を出すように最低限の努力はするんですが・・。)

 

なので、僕は声を大にして言わせていただきます。

「広告のことは広告のプロにお願いしよう」なんて考えてたら、ドブにお金を捨てるだけですよ!

営業マンの言いなりになって、骨の髄までしゃぶられるのがオチです。

 

多くの企業が高~い高~い勉強代を払い続けて、やっとそのことに気づき始めました。

で、最近になって注目されているのが「アフィリエイト広告」という訳なんですよね。

 

なぜ今、アフィリエイト広告が注目されているのかについて、詳しくお話していきます。

 

アフィリエイト広告は、究極の広告?

まずはアフィリエイト広告がどういうものかを知ってもらうために、広告がどんな風に進化してきたのかをお話していきます。

その進化の過程を見ていくことで、アフィリエイト広告の魅力がよぉ~~く分かるからです。

 

ここからは広告業界で働いていた僕が・・、

「従来の広告」がどれほど醜いのかを、本音でブッタ斬っていきます (*´ω`*)

 

広告担当者の方は、耳をかっぽじって聞いておいて下さいね。

広告を上手に活用できるかどうかは、会社の命運がかかっているんですから♪♪

もちろんアフィリエイトに興味のある人にもタメになるお話です。

 

【従来の広告】は、広告会社の思うつぼだった

従来の広告って、広告を出すだけでお金がかかっちゃうんです。

新聞広告やテレビCM、雑誌の広告、折り込みチラシ、駅の看板なんかも、すべてそうです。

 

なので、実際に広告を出してみたのもの・・、

「1件も問い合わせがなかった・・(;´д`)」

「資料請求が0件だった・・(´д`|||)」

 

なんてことも、ザラにある訳です。

それでも、ウン十万円~ウン百万円の広告費は戻ってくるはずもなく、その費用は支払わないといけない訳ですね。

 

もちろん広告の営業マンに文句を言ったところで・・、

「広告は最低でも3回は打たないと効果が出ませんよ。」などと何の悪びれもなく言われて、さらに泥沼に足を突っ込んでしまうことになります。汗

彼らは自分のお金じゃないから、ぜんぜん痛みが分からないんですよね・・。

 

さらに彼らはハイエナのように、毎月莫大な広告費を使わせようと、あの手この手を打ってきます。

挙句の果てには、「広告を使って商品を売ること」ではなく・・、

 

 icon-heart 「会社のイメージUPのために広告費を使いましょう♪」

 icon-heart 「会社の認知度を上げるために広告費を使いましょう♪」

などと、とんでもない提案をしてきます (´д`|||)

 

ここまで来ると、もう広告会社の思うつぼですよね。

だって効果なんて関係なしに、毎月ウン十万~ウン百万円もの広告費が「垂れ流し状態」になってしまう訳ですから・・。

 

【PPC広告】の登場で、成果が見えるようになった

こんな風に、長年に渡って広告会社が「甘い蜜」を吸い続けてきた訳ですが、インターネットが普及し始めてちょっと状況が変わってきます。

Yahoo!が「バナー広告」というものを始めたんですね。

 

最初の頃は「バナー広告が表示されたら課金される」という従来の広告と同じような仕組みだったんですが・・、

しばらくすると、「バナー広告をクリックされて(=企業のサイトが表示されて)初めて課金されるという広告が登場したんです!

いわゆるクリック課金型広告(PPC広告)ってヤツですね。

 

このPPC広告が登場した時は、そりゃ~、広告会社の営業マンは青ざめましたよ・・(´д`|||)

 

だって従来の広告は、広告を掲載したところで、いったい何人の人がその広告を目にしたのかなんて、誰にも分からなかったのです。

分からないのをいいことに、吸血鬼のように毎月高い広告費をせしめていたんですよね。

 

それがPPC広告なら、何人の人がその広告を見てくれたのかが、一目瞭然で分かるようになってしまったんです。

スカウターでカラスの戦闘力を見破るぴよ子

 

広告を出す企業としては、こんなに嬉しいことはありませんよね。

だって、「いくら広告費を使ったら、このくらいの結果が出た」とちゃんと数字で把握できるようになったんですから。

 

困り果てた広告会社の営業マンは、窮地に追い込まれます。

そして苦し紛れに、「自分のパソコンでその広告を何回もクリックする」というセコイ技を編み出します。

そして、「ほら、こんなにクリックされてますよ。」などと誤魔化して、まだ高い広告料を取ろうとしていたのです。汗

もうここまで来ると、人間のクズですよね・・(´д`|||)

 

【リスティング広告】の登場で、ユーザーを絞り込めるようになった

さらにネット広告は、どんどん進化していきます。

その後には、読者さんの検索ワードに連動して表示される広告(リスティング広告)が登場したんです。

 

これの何がスゴイかって言うと・・、

お客さんになってくれる可能性の高いユーザーだけに絞って、広告を表示させることができるんです。

 

先ほどのPPC広告の場合、まったく見込み客になり得ない人たちに対しても、広告が表示されていたんですが・・、

リスティング広告では、自分でキーワードを選んで広告を出せるようになったんです (*´ω`*)

 

つまり、ユーザーが『〇〇 〇〇』というキーワードで検索した時に、ウチの広告を表示させてね。

・・ということが、自分で決められるってことですね。

 

例えば、あなたが大阪市で買取のお店を経営していたとしましょう。

近隣のお客さんが来店してくれる商売なので、東京や名古屋に住んでいる人は、お客さんになってくれる可能性がほぼゼロですよね。

 

この場合、お客さんになってくれそうな人が検索しそうなキーワードは、「大阪市 宝石 買取」や「大阪市 金貨 高価買取」などのキーワードになります。

これだけピンポイントにユーザーを絞って、広告を出せるというのは大きなメリットです。

 

ただ広告を出し始めたばかりの頃は、どんなキーワードを設定すれば、狙った効果が得られるのかは分かりません。

いろんなキーワードでテストを繰り返していくことで、成果の良いキーワードと悪いキーワードを見極めていく必要があるんですね。

 

こうして細かい調整を行っていくことで・・、

お客さんになってくれる可能性の高いユーザーを、より高い確率で狙い撃ちできるようになっていくのです。

※広告会社の営業マンは、このテストを何度も繰り返させて広告費を使わせようとするので、ご注意ください。

読者ターゲットを狙っているぴよ子

 

【アフィリエイト広告】の登場で、成果を設定できるようになった

リスティング広告を使って、目立つ場所に広告を表示させようとするとお金がかかります。

その上、いろんなキーワードを設定してしまったら・・、

ぶっちゃけお金がいくらあっても足りません (´д`|||)

 

リスティング広告に頼っている限り、ずっと費用が発生してしまうのです。

やっぱり広告会社に頼っている限りは、彼らの魔の手からは逃れられないのかも知れませんね・・。汗

 

そんな諦めムードが漂う中、救世主のように現れたのが、「アフィリエイト広告」でした。

アフィリエイト広告というのは、”成果報酬型”のネット広告の1つです。

 

アフィリエイト広告の一番の特徴は・・、

広告を出す企業が「こんな成果を出してくれたら報酬を支払います」と自分で設定できることです。

例えば、下記のような感じです。

 

・化粧品会社 ⇒ 商品を【購入】してくれたら報酬を支払います

・保険会社 ⇒【資料請求】してくれたら報酬を支払います

・カード会社 ⇒ 新規でカードを【申し込み】してくれたら報酬を支払います

 

こんな風に「自分で設定した成果」を出してくれた人にのみ報酬(=広告費)を支払うので、余計な広告費を使わずに済むんですよね (*´ω`*)

 

そして僕がいちばん素晴らしいなぁと思うのは・・、

広告会社に搾取されないことです。

 

なぜ今アフィリエイト広告が注目されているのか?

ここからは「アフィリエイト広告が注目される理由」についてお話していきます。

これまで他の媒体に大量の広告費を投入していたような大企業も、最近はこぞってアフィリエイト広告を活用するようになってきました。

 

アフィリエイト広告がもっとも費用対効果の高い広告だと認識されつつあるんですね。

ここからはもう少し詳しくアフィリエイト広告について見ていきましょう。

 

アフィリエイト業界は伸び続けている

「アフィリエイトは怪しい」と思っている人もまだまだ多いですが・・、

実はアフィリエイトって、ものすごく伸び続けている業界なんですよね♪♪

 

アフィリエイトの市場規模というのは、年間15%くらいずつ拡大していってます。

矢野経済研究所の調査によると、2021年には4,058億円まで拡大すると予測されています。

アフィリエイト市場予測グラフ※画像は矢野経済研究所の市場調査を基に筆者作成

 

ここまで業界が伸び続けている理由としては・・、

 icon-heart アフィリエイト広告を使う企業が増えたこと

 icon-heart スマホがで商品購入や会員登録を行うユーザーが増えたこと

 

など考えられます。

そしてこの流れは、今後もしばらく続いていくでしょう。

 

いつまでも「アフィリエイトは怪しい」なんて言ってたら、時代に置いてけぼりにされちゃいますよ (*´ω`*)

 

従来の広告は廃れてきている

ここまでお話してきたように、広告業界は今や完全にデジタル化にシフトしています。

2018年の広告費の割合を見てみると・・、

・インターネットの広告費 ⇒ 1兆7,589億円

・テレビCМの広告費 ⇒ 1兆7,848億円

 

上記のように、これまで横綱だったテレビCМをも追い抜こうかという勢いです。

ちなみにインターネットの広告費は、5年連続で二桁成長となっていて、今後も他の広告を圧巻していくのは目に見えています。

 

テレビCМって、1本流すのに少なくても毎月300万円はかかっちゃうんですよね。

しかも不特定多数に人に向けて、「数打ちゃ当たる戦術」でひたすら広告費を使い続けなければいけないのです。

ぶっちゃけ、「デメリットだらけ」としか思えません・・(´д`|||)

 

賢い企業は、インターネット広告にシフトしていくのは当たり前ですよね。

(新聞、雑誌、ラジオ、折込チラシ・・など他の媒体でも同じです。)

 

そしていろんなインターネット広告の中でも、アフィリエイト広告がもっとも費用対効果が高いことは、さきほどお話してきた通りです。

何と言っても「成果報酬型」なので、企業としてはこれほど魅力的な広告はない訳です (*´ω`*)

 

有能なアフィリエイターが増えている

これはどんな業界でも言えることなんですが、成長市場には優秀な人がどんどん集まってきます。

つまりアフィリエイト広告の業界でも、有能なアフィリエイター(商品を紹介してくれる人)がどんどん集まってきているんですよね。

 

これまで「アフィリエイトは怪しい」というイメージが強かったのも、ウ〇コみたいなアフィリエイターが多かったからです。

 

・レビュー記事ばっかり書いたり、

・しつこくセールスしまくったり、

・ブログの中に所狭しと広告を貼りまくったり、

・読者さんに何の価値も与えていなかったり・・。

 

そういうサイトを見ると、そりゃ~「アフィリエイトは怪しい」と思うのが普通の感覚です。

 

でもご安心ください (*´ω`*)

アフィリエイト業界もだいぶ健全になってきましたし、そういう怪しい人たちは今後どんどん消えていくことが決まっているんです。

 

・・と言うのは、グーグルはそんなウンコみたいなサイトを絶対に認めてくれないからです。

つまり、そういう人たちのサイトは、グーグルの検索エンジンに表示されなくなっていくということです。

 

読者さんに価値ある情報を伝えられる「優秀な人」が集まってくることで、さらに新しいものが生まれて、市場はますます活性化していく。

これが世の中の常なんですよね (*´ω`*)

 

アフィリエイト広告のメリット

ここまで広告業界の大きな流れを見ながら、アフィリエイト広告がいかに魅力的なのかをお話してきました。

きっちり運用していけば成果に結びつけることができるし、何より広告会社にカモにされることもありません。

 

ここからはおさらいも含めて、アフィリエイト広告のメリットについてザッとお話していきます。

安全な副業をおすすめしているぴよ子

 

【メリット1】広告の効果がハッキリ見える

これまでもお伝えしてきましたが、アフィリエイト広告ほど費用対効果の高い広告はありません。

自社で「こういう成果が欲しい!」というのを設定しておいて、それが得られた時にだけ広告費(報酬)を支払う仕組みになっているからです。

しかもその成果1件に対して、いくらの報酬を支払うのかも、自社で自由に設定できるんですよね。

 

会社を運営していくにあたって、これほど計算の立てやすい広告は他にはありません。

だって、狙った成果を得られた時だけ、予め設定しておいた金額を支払うだけでいいんですから。

 

しかも商品のプロモーションやセールスは、基本的にアフィリエイターたちが勝手に行ってくれます。

企業にとって最大の固定費である、人件費もほとんどかからない訳です。

 

ASPという仲介会社に支払う月額固定費さえ回収できれば、基本的に赤字になることはありません。

その月額固定費さえ払えない企業は、そもそもどうなのかという話ですが・・。汗

 

【メリット2】リスクが少ない

広告を出した時に、いちばん悲惨なのは・・、

「1件も問い合わせがなかった・・(;´д`)」

「資料請求が0件だった・・(´д`|||)」

という時です。

 

この痛みが分からない人は、一度自分でお金を出して広告を打ってみたらいいと思います。

数十万~数百万円のお金を使って広告を出して、何の反応も得られなかった時のあの絶望感・・(´д`|||)

もう泣きたくなるような辛さです。

 

従来の広告には、こういうリスクと常に隣り合わせだったんですが・・、

アフィリエイト広告の場合、こういう心配はほぼいりません。

 

「広告会社に広告宣伝費を支払う」というよりも、「商品やサービスを紹介してくれた人に謝礼を支払う」という形態なので、ほとんどリスクがないのです。

 

【メリット3】気軽に始められる

従来の広告って、ビックリするくらい値段が高いんですよね。

それは広告業界全体が「大名商売」をしてきたので、金額的な敷居も高く設定されているんです。

安くても数十万円~という費用は必要だったんですね。

 

でもアフィリエイト広告なら、低予算で始めることができるんです。

具体的に言えば、仲介会社であるASPに支払う初期費用、月額費用、デポジットのみで始めることができます。

 

さらに「アフィリエイト広告をやってみよう!」と思い立って、ほんの1〜2週間くらいで始められる気軽さも大きな魅力の1つです。

従来の広告は、広告枠を確保する必要があるので、2カ月くらい前から取りかからないといけませんでした。

 

【メリット4】商品が広まりやすい

アフィリエイト広告を始めると、それを紹介したいというアフィリエイターも増えてきます。

もちろん「魅力的な報酬額」などの条件を設定しておく必要はありますが。

 

そうすると、アフィリエイターたちが自分のブログやSNSなどを駆使して、勝手に商品を広めていってくれます。

もちろん彼らとしてもその商品を売りたい訳だから、基本的に「良い商品」として紹介していってくれます。

 

その威力は凄まじく、ビックリするくらいの勢いで広めていってくれます。

自社のサイトやSNSで販売していた時とは、比べものにならないほどの勢いに驚かれることでしょう。

 

またそんな風に商品が広まっていくことで、自社サイトからの購入(もしくは申し込み)も増えていくという、嬉しいオマケ効果も得られます。

 

アフィリエイト広告のデメリット

ぴよ子
こうやって見ると、アフィリエイト広告って良いこと尽くめなんだね。
ふく先生
まぁ、従来の”垂れ流し型”の広告と比べると、企業にとってはデメリットが少ないからのぉ。
ぴよ子
アフィリエイト広告にも、デメリットはあるんだ?
ふく先生
もちろんじゃ。ここからはアフィリエイト広告のデメリットについて話していくぞぃ。

 

【デメリット1】毎月の固定費がかかる

アフィリエイト広告の一番のデメリットは、ASPに対して初期費用と月額費用を支払わないといけないことです。

アフィリエイト広告を出して、成果がまったくなかったとしても、その費用は支払わなければなりません。

従来の広告のリスクと比べれば、屁みたいな金額ですが・・。

 

ちなみに、さっきから登場しているASPというのは、アフィリエイターと企業をつなぐ仲人役の会社のことです。

アフィリエイトの仕組み(その2)

 

企業としては、ASPに仲介してもらうことで・・、

星の数ほどいるアフィリエイターたち1人ひとりと、直接お金のやり取りをしたり、商品を扱ってくれるように交渉したり、管理したりする必要がなくなります。

1人ひとり個別に対応するっていうのは現実的じゃないですからね・・。汗

 

ASPは毎月の売上を管理してくれて、1カ月単位でまとめて報酬の支払いなども行ってくれます。

またアフィリエイターがたくさん売ってくれるように、いろいろサポートしてくれたりもします。

 

もちろん毎月の固定費がかかってしまいますが、これについては必要経費だと割り切る必要があります。

 

【デメリット2】特徴のない商品は売れにくい

アフィリエイターは「自分の利益のために」商品を紹介している訳なんで・・、

そもそも彼らが「紹介したい」と思える商品である必要があります。

 

有能なアフィリエイターたちは、何でもかんでも紹介してくれる訳ではありません。

やっぱり「ユーザーのためになるモノ」だけを紹介したいと思っているんですね。

 

なので、必然的にその分野で「評判のいいモノ」や「特徴があるモノ」を選ぶ傾向があります。

つまり、アフィリエイターに選んでもらえる商品じゃないと、誰も紹介してくれないということもあり得る訳です。

 

この辺は、成果報酬の金額をいくらに設定するのか?なども影響します。

お金がすべてじゃないですが、「報酬額の高いもの」の方が紹介されやすいのは確かですからね (*´ω`*)

 

【デメリット3】短期的な効果は期待できない

アフィリエイト広告で気をつけないといけないのは・・、

長期的な視点で広告を運用していく必要があるということです。

 

アフィリエイターは自分のブログなどで商品を紹介していきますが、それを軌道に乗せるのも時間がかかるものなんです。

 

彼らは時間と手間をかけて、SEO対策をしながら自分のブログを育てていきます。

それが長期的に&安定的に稼げる手法だと知っているからです。

 

なので、広告の効果が表れるまではある程度の時間がかかるものだと思っておいた方がいいです。

じわじわと効いてくる広告なので、「今すぐに売上が欲しい!」という場合には不向きです。

 

【デメリット4】原稿を自分で考えられない

普通の広告って、企業が自分で「広告の原稿」を考えます。

つまり、「自分の都合のいいように」広告を作れてしまうんですよね。

もちろん相応しくない表現などは、審査で引っかかりますが・・。

 

だけどアフィリエイト広告の場合は、基本的にアフィリエイターが紹介文などを自由に書いていきます。

 

なので、企業からしてみたら・・、

「こんな風には紹介して欲しくないよなぁ・・(;´д`)」

「ウチのブランドイメージが崩れるやん・・(´д`|||)」

 

というケースも、もちろん出てくる訳です。

怪しげなサイトで、自社の商品が紹介されてたら嫌ですよね・・。汗

 

もちろん悪質な場合は取り締まることもできますが、膨大なネット上の情報をすべてを確認するのは大変です。

対策としては、禁止事項はしっかり明記しておいて、定期的にパトロールするくらいしかないのが実状です。

 

【デメリット5】不正をするアフィリエイターもいる

まぁ、どの業界にでもいるんですが、アフィリエイト業界にも不正を行う奴らは存在します。

 

例えば・・、

・見知らぬ第三者の住所を利用しで勝手に注文したり、

・代引き商品を受け取らずに報酬だけ受け取ったり、

・勝手にキャッシュバックして商品をさばいたり、

・同一IPアドレスから大量に登録したり、

・芸能人の画像やパクって使用したり。

 

まぁ、言い出せばキリがないんですが・・、

こういう不正行為をしてでも、アフィリエイト報酬を得ようとする「人間のクズ」がいるのも事実なんですよね (´д`|||)

お金儲けをして目が¥マークになるカラス

 

承認基準を上げたり、承認作業を手作業で行ったり、求める成果を上げたりすることで対策もできるんですが・・、

不正行為を根本的に撲滅するためには、業界全体で駆除していくしか方法はありません。

 

【デメリット6】承認作業などの手間が増える

先ほどアフィリエイターによる不正についてお話しましたが、こういう奴らってホントに目障りなんですよね。

これが未だに「アフィリエイトは怪しい」と思われる要因の1つだと思ってます。

あんまり大声では言えませんが、名の知れているアフィリエイターでさえも不正を行ったりしています。

 

業界の健全化のためにも、こういう輩は消えていって欲しいものですが・・、

「不正に対する対策は取らないといけない」というのが実状です。

 

で、ほとんどの企業は自社でルールを作って、「それが不正じゃないかどうか?」を確認しているんですね。

例えば、下記のようなルールです。

 

・新規のものだけを成果と認める

・実際に入金があったものを成果と認める

・一週間待っても連絡が取れないものは認めない

・複数のASPで重複している場合は、1つだけ認める

 

要は、「不正した人には報酬(広告費)を支払いませんよ。」ということなんですが・・、

こういう承認作業が増えるのもデメリットの1つと言えるでしょう。

 

アフィリエイト広告についてのまとめ

アフィリエイト広告は、今では「広告の中での横綱」になりつつあります。

デメリットも絞り出すように書いてみましたが・・、

従来の広告のデメリットと比べると、「ほぼ0」に等しいといってもいいくらい微々たるものです。

 

現在、多くの企業がアフィリエイト広告を積極的に取り入れているし、有能なアフィリエイターもどんどん集まってきています。

ウ〇コみたいなアフィリエイターは、既に駆除されていってます。

 

いつまでも広告会社に依存していたら、会社の体力がどんどん蝕まれていくのは目に見ていています。

できるだけ早い段階で、アフィリエイト広告を始めてみられることをオススメします。

 

 

この記事では主に「企業の視点」で、アフィリエイト広告のメリットとデメリットを見てきましたが・・、

アフィリエイト広告のことをさらに詳しく知りたいなら、下記の記事も合わせて読んでみて下さい。

ロボットを購入するデメリット

アフィリエイトのデメリットがヤバい (´д`|||)!でもメリットもデカい

2019年3月21日

 

上記の記事は、「アフィリエイターの視点」で、アフィリエイトというビジネスのメリットとデメリットについて詳しく書いています。

ぜひぜひ参考にしてみて下さい。

 icon-heart ブログの内容で分かりにくいところ

 icon-heart 困ったことがあって相談したいこと

・・があれば、お気軽にお問い合わせ下さいね~ (*´ω`*)
 

今日も最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。

 

無料で教材をプレゼントします

僕自身、副業でアフィリエイトを始めたのがキッカケで、自由な生活を手に入れることができました。

期間限定ですが・・、

僕のノウハウを詰め込んだ「アフィリエイト無料教材」をメールマガジンに登録された方にプレゼントします。

月10万円の安定収入を得るための、アフィリエイトの教科書としてお使いください。

アフィリエイトの教材を無料プレゼント

*メールアドレス
*お名前(姓・名)
ikkiへのメッセージをいただければ嬉しいです!

登録後すぐにメールが届きます。

もしすぐ届かない場合は、「迷惑メールボックスの確認」をお願いします。

TOPに戻る

 

求めている"答え"が必ず見つかる

category/beginner

category/getting-started

category/earn

category/recommended

category/plot

category/others

category/blog

category/manner

category/not-earn

category/site

category/ad

category/review