【アフィリエイトサイトの新常識】おすすめは特化型+2つの戦略

グーグルの検索エンジンと握手するぴよ子 サイト

この記事はこんな人に向けて書いています

 icon-heart 「特化型と雑記型、ぶっちゃけどっちがおすすめなの?」

 icon-heart 「初心者におすすめなのはどっちなの?」

 icon-heart 「お互いのメリットを掛け合わせた方法はないの?」

ぴよ子
初心者のアタシには特化サイトと雑記サイト、どっちがおすすめなの?
ふく先生
初心者のぴよ子におすすめなのは、特化サイトに2つの戦略を用いることじゃよ。
ぴよ子
2つの戦略って何なの?
ふく先生
戦略の話をする前に、特化サイトと雑記サイトの特徴を分かりやすく解説していくぞぃ。

 

アフィリエイトにおけるサイトの作り方は、大きく分けると「特化型」と「雑記型」の2つがあります。

まずはそれぞれのメリット・デメリットについてお話していきます。

 

その上で、初心者の方でも始めやすく&挫折しにくくて、将来的に大きく稼いでいくことができる「おすすめのサイトの作り方」を伝授いたします (*´ω`*)

 

特化サイトの特徴

アフィリエイトを図解で解説するふく先生

 

特化サイトというのは、最初にテーマを1つに絞っておいて、それについて専門的な情報を発信していくサイトです。

テーマに関しては無数にあるので、どのテーマを選ぶのかが成功するために大切なポイントになります。

 

特化サイトのメリット

特化サイトのメリットは2つあります。

 icon-heart 大きく稼ぎやすい

 icon-heart 専門家として情報発信できる

それぞれについて説明していきますね。

 

【ココがおすすめ1】大きく稼ぎやすい

特化サイトのメリットとして、大きな金額を稼ぎやすいということがあります。

なぜ大きく稼ぎやすいのかというと・・、

テーマを絞っているので、読者さんの「悩み」や「知りたいこと」に対して、ピンポイントで発信できるからです。

 

そうすることで読者さんは、「このサイトはめちゃくちゃタメになる情報を発信してくれてるわ!」と感じてくれて・・、

リピーターになってくれたり、あなたがおすすめする商品を買ってくれたりする訳です。

これができるのは、テーマを絞ることで、「読者さんの属性」の絞り込めているからなんですね。

 

例えば、このikkiのサイトでは、「アフィリエイト」というテーマに絞って、1つひとつの記事を書いていってます。

そうすることで「アフィリエイトに興味のない人」には読んでもらえないのですが・・、

その分アフィリエイトに興味のある人には、刺さりやすい内容が多くなります。

 

さらに特化サイトが大きく稼ぎやすい要因として・・、

特化サイトは「成果報酬型のアフィリエイト」との相性が良いことも挙げられます。

 

テーマを1つに絞っているので、あなたがおすすめした商品を購入してくれやすいんですね。

成果報酬型のアフィリエイトは1件当たりの報酬が高いので、アクセスが少ない時期でもそこそこ稼げるのが嬉しいポイントです。

(もちろん正しいアフィリエイトの戦略に基づいていることが条件ですが。)

 

【ココがおすすめ2】専門家として情報発信できる

特化サイトの2つ目のメリットは、「専門家」として見られやすいということです。

まぁ、これは当たり前のことで、テーマを絞っているんだから・・、

必然的にあなたは「そのテーマの専門家」として見られますよね。

 

専門家に見られることで、嬉しいポイントが2つあります。

 icon-heart 読者さんから専門家として見られる ⇒ あなたの意見に信憑性が生まれる

 icon-heart グーグルから専門家として見られる ⇒ 検索エンジンで上位表示しやすくなる

 

まず読者さんの方から説明します。

例えば、僕のサイトではほぼすべての記事で、アフィリエイトのことを書いています。

だからこそ読者さんは僕のことを「アフィリエイトの専門家」として見てくれ、信憑性も生まれるんですよね。

 

逆に、テーマを絞っていない「ごちゃ混ぜサイト」でアフィリエイトの内容を書いていたとしても・・、

読者さんは「この人の言ってること本当なの?」と疑問に思ってしまうはずです。

おすすめのアフィリエイトの商品を紹介したとしても、胡散臭く感じちゃいますよね (;´д`)

 

次にグーグルについてもお話します。

最近のグーグルの傾向として、「サイトの専門性」を重視するようになってきました。

 

つまり「どこの馬の骨か分からない人の情報」よりも、「専門家が発信している情報」を上位表示させるということです。

今後ますますこの傾向は強まっていくはずです。

その理由は、グーグルの理念が「ユーザーのためになる情報を届けること」だからです。

 

グーグルとしては自社の検索エンジンを使って欲しいので・・、

ユーザーに「グーグルの検索結果はウ〇コみたいな情報ばっかりだな (;´д`)」と思われたら死活問題です。

だからユーザーのタメになる情報(=専門家が発信している情報)を上位表示させるというのは当然のことなんですね。

 

なので、「専門家として情報発信できる」というのは・・、

読者さんに対しても、グーグルに対しても、めちゃくちゃ重要なことなのです。

 

特化サイトのデメリット

先ほどは特化サイトのメリットについてお話ししてきましたが、もちろんデメリットもあります。

 icon-heart 専門的な知識を学ぶ必要がある

 icon-heart テーマ選びを間違うと稼げない

これらについても詳しくお話していきます。

 

【ココはおすすめできない1】専門的な知識を学ぶ必要がある

最初に言っておきますが・・、

「私は何も専門的な知識を持ってないから、特化サイトは無理だなぁ」なんて思わないでくださいね。

 

僕も含めてほとんどの人は、「勉強しながら」記事を書いていってるのが実情なんです。

これはトップアフィリエイターと言われている人たちも同じで、彼らも勉強を怠ることはありません。

 

それは自分の頭の中の情報だけでは、すぐにネタ切れになってしまうからです。

なので、新たな情報や最新の情報を常に学んでいってる訳ですね。

 

つまりアフィリエイトで稼ぐには、「勉強(=知識のインプット)」は必要不可欠だということです。

 

・・ということで、今は専門的な知識を持っていなくても、ぜんぜん気にしないでください。

その分野の知識を学んで(=インプット)、それを記事に書いていけば(=アウトプット)していけばいいだけなんですね (*´ω`*)

これなら初心者の方でもできるでしょ?

ぶっちゃけ、そのテーマの本を10冊も読めば、専門家として情報発信するのは難しいことではありませんので。

 

【ココはおすすめできない2】テーマ選びを間違うと稼げない

特化サイトの2つ目のデメリットは、「テーマ選びを間違うと稼げない」という点です。

テーマの数というのは星の数ほどありますが、「稼ぎやすいテーマ」と「稼ぎにくいテーマ」があります。

ぶっちゃけ初心者の方は、ライバルが強すぎないテーマを選んだ方が無難です。

 

例えば、このikkiのサイトで狙っている「アフィリエイト」というテーマなどは、あまりおすすめしません。

・・というのも、そもそもが「既に稼いでいるアフィリエイター」たちが軒並みライバルになるので、初心者の方では歯が立たないのです。

 

またどのくらいテーマを絞るのかということも重要です。

できるだけ多くの人に読んでもらいたいからと言って、テーマの絞り方が甘いと・・、

読者さんに刺さりにくい内容になってしまう可能性があります。

 

かと言って、テーマを絞り込みすぎると・・、

読者さん全体のパイが少なくなってしまって、十分なアクセスを見込めなくなってしまいます。

 

テーマの決め方については、下記の記事を参考にしてみてください。

ブログのテーマ選びで迷っているぴよ子

【アフィリエイトブログのテーマ選び】120%失敗しない決め方の極意

【アフィリエイトブログのテーマ選び】120%失敗しない決め方の極意

 

雑記サイトの特徴

自分らしく生きることを歌っているぴよ子

 

次に雑記サイトについて解説していきます。

雑記サイトというのは、テーマを絞らずに、いろんな話題を取り上げて記事を書いていくサイトになります。

書き手のキャラクターを前面に出していって、いかにその人の魅力を伝えられるかがポイントになります。

 

雑記サイトのメリット

雑記サイトのメリットとしては、下記の2点が挙げられます。

 icon-heart 気楽に始めやすい

 icon-heart 後から方向転換ができる

これらのメリットについて、それぞれ説明していきます。

 

【ココがおすすめ1】気楽に始めやすい

雑記サイトで一番のメリットは、初心者の方でも「気楽に始めやすい」という点です。

テーマを絞ることなく、好きなことを何でも自由に書いていけるからです。

初心者の方にしてみれば、ややこしいテーマの絞り込みをしないでいいだけでも、とっつきやすいですよね。

 

雑記サイトの場合は、言ってみれば「あなた自身がテーマ」とも言えます。

なので、あなたの趣味や好きなこと、身の周りで起こったことなどがネタになります。

 

僕のおすすめとしては、「本当に何でもありのゴチャ混ぜサイト」にするのではなく・・、

「ちょっとしたゴチャ混ぜサイト」にすることです。

書く内容を予め3~5個くらいに決めておくということです。

 

例えば、「車のこと」、「キャンプのこと」、「旅のこと」、「キャンプ道具のこと」、「美味しい料理のこと」など・・、

自分の興味のあるいくつかの分野でカテゴリー分けしておいて、それぞれの記事を書いていくというやり方です。

この際、多くても5つくらいまでに抑えておくことをおすすめします。

 

これなら初心者の方でも始めやすいですいし、あなたと気の合う読者さんが集まってくれるからです。

また次に説明する、「後から方向転換もできる」ということにもつながっていきます。

 

【ココがおすすめ2】後から方向転換ができる

雑記サイトのもう1つのメリットとして、「後からいくらでも方向転換ができる」ということが挙げられます。

先ほどの例のように、「車」、「キャンプ」、「旅」、「キャンプ道具」、「美味しい料理」という内容で記事を書いていったとしましょう。

そうすると、「旅のカテゴリーにアクセスが集中する」というケースが出てきます。

 

その際に、「旅のカテゴリー」の記事を丸ごとコピペして、新たな「特化サイト」を立ち上げることもできるんですね (*´ω`*)

 

最初は初心者の方でも始めやすい「雑記サイト」でスタートしておいて・・、

アクセスが集まってきた段階で稼ぎやすい「特化サイト」に移行するというやり方です。

こんな風にどんな風にも方向転換ができるのが、大きなメリットだと言えます。

 

雑記サイトのデメリット

初心者の方でも始めやすい雑記サイトですが、もちろんデメリットもあります。

 icon-heart 大量のアクセスを集めないと稼げない

 icon-heart サイトの成長スピードが遅い

こちらもそれぞれ見ていきましょう。

 

【ココがおすすめできない1】大量のアクセスを集めないと稼げない

1つ目のデメリットとしては、稼ぐためには大量のアクセスを集めなくてはいけないという点が挙げられます。

 

雑記サイトはテーマを絞っていない(=読者さんの属性がバラバラ)ので、グーグルアドセンスを中心に稼ぐことになります。

グーグルアドセンスの1クリックの単価平均は、だいたい20~30円と言われています。

なので大きく稼ごうとすると、大量のアクセスを集める必要が出てきます。

 

ただし先ほどもお伝えしたとおり・・、

グーグルは専門的なサイトを評価する傾向にあるので、雑記サイトでアクセスを集めるためには、ちょっとした工夫が必要になってきます。

 

僕がおすすめする方法は、カテゴリーごとの記事を増やしていって、そのカテゴリー内である程度の専門性を出していくことです。

あなたの労力を分散させないという意味でも、多くても5個くらいのカテゴリーに留めておくことをおすすめします。

 

【ココがおすすめできない2】サイトの成長スピードが遅い

雑記サイトの2つ目のデメリットとして、なかなかサイトが成長していかないということが挙げられます。

雑記サイトで稼ぐためにはアクセスを集めないといけないというのは先ほどお話しましたが・・、

そのためにはまとまった(カテゴリーごとの)記事数が必要になってきます。

 

この時に、5つのカテゴリーがあるサイトの成長スピードは、1つのカテゴリーで書いているサイトの1/5になってしまいます。

つまり、自由にいろんなことを書いていけるのがメリットなんですが・・、

それが仇となって、1つひとつのカテゴリーの成長スピードは遅くなってしまうんですね。

 

成長スピードが遅い
  ↓ ↓ ↓
なかなかアクセスが集まらない
  ↓ ↓ ↓
単価が低いので、ほとんど稼げない

・・という悪循環に嵌まりがちなんですよね・・(´д`|||)

 

僕が「カテゴリーは多くても5つくらいまでがおすすめ」と言ったのは、この成長スピードのこともあるからなんです。

初心者の方は特に注意していただきたいところです。

 

アフィリエイト初心者にはどっちがおすすめなのか?

ワードプレスか無料ブログかを迷うぴよ子

 

どっちのサイトでも稼げるんですが・・、

僕としては、特化サイトを圧倒的におすすめします。

 

その理由は、単価の低いアドセンスに頼らないサイト作りが行えるからです。

PV数が少なくても、まとまった金額を効率的に稼げるサイトを作りやすいんですね (*´ω`*)

 

そこに2つの戦略を加えることで、さらに稼ぎやすくなります。

 icon-heart 個性的なサイトを目指す

 icon-heart ミニサイトを目指す

ここからは2つのおすすめの戦略について、詳しく解説していきます。

 

【おすすめの戦略1】個性的なサイトを目指す

雑記サイトの特徴として、「書き手のキャラクターを前面に出す」というお話をしました。

それを特化サイトでも採用して、あなたのキャラクター(個性)をどんどん出していきましょう。

 

あなたが読者さんになった時のことを思い出してください。

「ウィキペディアや教科書みたいに、淡々と説明されているサイト」と「個性的で書き手の顔が見えるサイト」だと、どっちがまた読みたいと思いますか?

おそらくほとんどの方が、後者だと思います。

 

これはアフィリエイトで稼ぐ上でとても重要なことなんですが・・、

個性的なサイトの方が、圧倒的にアフィリエイトで稼げるんですよね。

企業秘密なんで、小さいフォントで書いてみました (*´ω`*)

 

そして下記の記事で詳しく書いていますが、個性を出すことでメリットが5つもあるんです。

トップアフィリエイターしか知らない秘密なんで、こっそり読んでおくことをおすすめします。

個性的な絵を描いているぴよ子

【究極のアフィリエイト】個性的なブログが成功する5つの理由

【究極のアフィリエイト】個性的なブログが成功する5つの理由

 

【おすすめの戦略2】ミニサイト(小規模サイト)を目指す

ミニサイトというのは30~50記事くらいの小規模サイトのことを言います。

初心者の方は、まずはこのくらいのサイトを目指していきましょう。

 

特化サイトは1PVあたりの収益性が高いので・・、

きちんとサイト設計を行えば、記事数が少なくても稼ぐことができます。

 

30記事ほどのミニサイトであれば、1日1記事書いていけば1ヶ月ほどで完成しますよね。

初心者の方でもそのくらいは頑張れるんじゃないでしょうか?

 

そのミニサイトから毎月数万円の収益が上がってくれば、モチベーションも上がるでしょうし、その後の選択肢も増えていきます。

・さらに記事数を増やしていって、大規模サイトに成長させる

・他のミニサイトを作って、複数のサイトを運営する

 

いずれにしても毎月の収益は増えていきますよね。

初心者の方はこうした形で、「安定した収入源」を確実に作っていくことをおすすめします。

 

ミニサイトで成功するためのポイントとしては、ライバルの多いキーワードは選ばないことです。

キーワードを厳選していって、いかに局所的な専門性を持たせるかを考えていきましょう。

 

【結論】ikkiのおすすめは「特化サイト+2つの戦略」

低い目標設定をしているぴよ子

 

ここまで特化サイトと雑記サイトの特徴、メリット、デメリットをお話ししてきました。

それらすべてを加味したうえで、僕がおすすめなのは・・、

「個性的な特化型のミニサイト」だということです。

 

これなら初心者の方でも始めやすい&挫折しにくいですし、将来的に大きく稼いでいくこともできるからです。

ぜひぜひあなたらしい魅力的なサイトを作っていってください (*´ω`*)

 

漫画でサクッと理解する

アフィリエイトをマンガで解説1

 

 

無料で教材をプレゼントします

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます。

 

アフィリエイトというのは「正しい知識」を学んで、コツコツと努力していけば、必ず稼げるようになるビジネスです。

続けていくだけで稼げるなんて、そんな「凡人向きのビジネス」は他にないですよね~ (*´ω`*)

 

ただし、間違った知識を得てしまうと、大切な時間や労力をムダづかいすることになってしまいます。

あなたにはそんな回り道をして欲しくありません。

 

なので、僕からのささやかな応援の気持ちとして・・、

「正しい知識」を体系的に学べるオンライン教材”PAP”を、無料でプレゼントいたします。

 

月収300万円を稼ぐ僕が、これまで実践してきて、効果のあったことだけをギュギュっと凝縮してまとめてあります。

“生きたノウハウや考え方”を効率よく学べるようになっているので、「アフィリエイトの教科書」としてご活用ください。

アフィリエイトの教材を無料プレゼント

 



*メールアドレス
*お名前(姓・名)
ikkiへのメッセージをいただければ嬉しいです!

 

※メルマガが不要な場合は、ワンクリックでいつでも解除できます。

 

登録後すぐにメールが届きます。

もしすぐ届かない場合は、「迷惑メールボックスの確認」をお願いします。
(※hotmail・icloudメールは届きにくいので、できれば他のメールでご登録ください。)

 

TOPに戻る

 

 

求めている”答え”が必ず見つかる

category/beginner

category/getting-started

category/earn

category/recommended

category/plot

category/others

category/blog

category/manner

category/not-earn

category/site

category/ad

category/review