【サラリーマンの将来に絶望】奴隷のような生活から抜け出す方法

いつまでもラットレースから抜けられないぴよ子 ikki のコラム
こんな悩みや疑問を3分で解決

このまま会社勤めしても、将来が不安で仕方ない。

サラリーマンとして、明るい未来が想像できない。

・・かと言って、転職する勇気もない。

 

僕は以前、奴隷のような環境で契約社員として働いていました。

窓1つない閉ざされた部屋で、電磁波と騒音に耐えながら、12時間も拘束される仕事でした (´д`|||)

劣悪な環境に耐えながら、ひたすら時間が過ぎるのを待つ退屈な仕事でしたが・・、

お金を稼ぐために我慢して働き続けていました。

 

「パパの仕事って楽しいの?」

無邪気な子供に唐突に質問されて、何も答えられずに固まってしまったことがあります。

 

まさか夢に満ち溢れた子供たちに、

「お金を稼ぐために、嫌な仕事を我慢してやってるんだよ。」

なんて本音を言えるはずがないですからね・・(;´д`)

 

父親としてそんな背中しか見せられない自分が情けなくて、不覚にも子供たちの前で泣いてしまいました。

でもその頃は、生活していくためにそうやって我慢して働くしか方法はなかったんです・・。

 

今日は、かつての僕みたいに、嫌な仕事を我慢して続けているサラリーマンの方にエールを贈るつもりで書いていこうと思います。

 

日本の義務教育は、未来のサラリーマンを増殖させるのが目的

僕もそうだったんですが・・、

「なんでみんな”雇われることを前提にして”仕事を探すんでしょうか?」

「なんでみんなサラリーマンになりたがるんでしょうか?」

 

その答えは、義務教育にあると思っています。

(稼げるようになって、やっと社会の仕組みに気づきました。)

 

僕たちは子供の頃から・・、

・同じ服を着て、

・同じ時間に登校し、

・同じ行動を取らされ、

・校則を強要されて、

「みんなと同じことをするのが正しい」と刷り込まれてきました。

 

理不尽なことや嫌なことがあっても・・、

「みんなもやっているんだから、あなたも我慢しなさい」

っていう風に、飼い慣らされてきたんだと思います。

 

子供の頃からこんな教育(・・ってか洗脳?)を続けてきたら、その子たちが持っている個性や、創造性、表現力がどんどん失われちゃいますよね。

 

何でも「ルールだから」と一括りに縛ってしまうと、子供たちの思考はストップしてしまいます。

・黒板に書かれたことをノートに取り、

・良い点を取るためにテストを繰り返し、

・良い学校に行くために勉強する。

 

そんな風にして、みんなと同じことが当たり前になってしまうと・・、

「みんなが就職活動してるから、僕もどこかの会社に就職しよう。」

と考えてしまうのも自然なことだと言えます。

 

だからほとんどの学生は、義務教育を終えて社会に出る頃には・・、

「雇われるのが当たり前」って考えるようになるんですね。

 

実は、これが義務教育の”真の狙い”だったりする訳です。

 

サラリーマンに将来に絶望!文部省のお役人は奴隷育成のプロだった

いきなり過激な見出しですいません。w

でも、あながち間違いじゃないと僕は思っています。

 

僕たちは12年間もの間、義務教育でいろんなことを学んできましたよね。

で、そうやって頭に詰め込んできた知識って、実際に社会に出てからどれだけ役に立ってるのでしょうか?

 

少なくとも僕は、もっと教えておいて欲しかったことがありました。

僕が社会に出て痛い思いをした時に、「こんな知識があれば良かったのに・・」と思うことが多々あったからです。

 

例えば・・、

・「お金の稼ぎ方」や、

・「賢いお金の使い方」、

・「年金や税金の知識」、

・「資産と負債について」、

・「本当に自分がやりたいこと」

などなど。

 

でも、学校ではそんなことは1mmも教えてくれませんよね?

ちなみに上流階級の家庭では、こういうことを子供の頃からしっかり教えています。

 

せっかくたっぷり勉強できる時間があるのに・・、

「本当に役立つこと」は何1つ教えてくれないんです(;´д`)

 

それどころか、「みんなと同じことをするのが正しいこと」だと思い込ませる教育をしてきた訳です。

 

なんでこんな「バカげた教育」をするんでしょうか?

もっとそれぞれの個性や才能を伸ばすような教育をした方が、将来子供たちのためになるのは分かり切っているのに??

 

まぁ、文部省の人間もバカじゃありませんので、そんなことは僕に言われなくても分かっているはずです。

分かった上で「本当に役立つこと」は一切教えずに、「みんなと同じことをするのが正しいんだよ」と刷り込む教育を徹底しているんです。

 

その結果として・・、

ほとんどの人が「大人になったら会社勤めするのが当たり前」だと信じて就職活動するようになる訳です。

そうです、

サラリーマンを量産するのが、文部省のお偉いさんたちの狙いなんです。

 

「なぜそんなにサラリーマンを量産したいのかって?」

 

その答えは・・、

国にとって都合がいい「無知な納税マシーンを育てるため」です。

 

 

「えぇーーーー?!((;゚Д゚))))」

 

・・って思いました?

 

でも冷静に考えてみてください。

 

・もしみんなが税金のことに詳しくなってしまったら、国はうまく誤魔化して金を吸い上げられなくなってしまいます。

・もしみんなが年金のことに詳しくなってしまったら、これまで運用に失敗してきたことがバレてしまいます。

・もしみんなが自分の好きなことを仕事にして起業したら、自動的に税金を吸い上げられなくなってしまいます。

 

こんな風に、「本当に役立つこと」を教えてしまったら、国にとって不都合なことがいっぱい起こってしまう訳です。

だからこそ意図的に、「バカげた教育」をしているんだと思います。

 

つまり、僕たちは就職が決まった時点で・・、

「奴隷のように40年働き続ける刑」が課されたようなものなんですね・・(´д`|||)

 

さらにマイナンバー制度も導入されて、僕たちのお金をすべて管理し、生かさず殺さず税金を搾り取ろうとしている訳です。

 

うーーん、恐るべし頭のいい文部省のお役人たち ((;゚Д゚))))

まさか、僕たちを奴隷に育て上げるプロフェッショナル集団だったとは・・。汗

 

将来性のないサラリーマンに見切りをつけて、次のステップへの踏み台にしよう

僕はそんな社会の仕組みに気づかずに、ずーーっとサラリーマンとして働き続けてきました。

そしてお役人たちの狙い通りに・・、

何も疑問を持たない「無知な納税マシーン」になってしまっていました (;´д`)

 

でもあなたはラッキーなことに、「サラリーマンは現代の奴隷」だと気づくことができました。

(こういう情報こそ本当に価値あると思うんですが、ここまで正直に暴露している人はなかなかいないものです。)

 

で、せっかく気づくことができた訳なんですから・・、

そこからどうやって脱出するかを、真剣に考えるべきだと思います。

 

だって、たった一度の人生なんですから (*´ω`*)

 

あなたも薄々感じているかも知れませんが・・、

サラリーマンとしていくら頑張っても、ほとんど将来性はないと思います。

 

それなのに嫌なことを我慢して40年間働き続けるなんて、絶対にバカげています。

あなたは本来、もっともっと可能性に満ち溢れた素晴らしい人なんですから (*´∇`*)

 

冒頭でお話しましたが・・、

僕は幼い子供たちに「仕事は楽しいの?」と聞かれて、何も答えられずに泣いてしまいました。

自分のことが情けなくなって、ただただ悔しくって・・(T_T)

 

そんな経験があったからこそ、奴隷のような仕事から脱出しようと決めたんです。

 

ただ生活していかなければいけなかったし、無謀な挑戦をして家族を路頭に迷わせる訳にはいきませんでした。

いろいろ考えた結果、脱出する方法は1つしかありませんでした。

 

その方法というのは・・、

サラリーマンとして毎月の給料をもらいながら、副業を始めることでした。

 

そうすれば金銭的なリスクは「0」なので、後はどうやって時間を捻出するかだけの問題です。

 

僕が行なったのはシンプルなことです。

・できるだけ残業しないように、効率よく仕事を終わらせました。

・グチを言い合うだけの飲み会に参加するのは止めました。

・テレビをダラダラ見ることを止めました。

 

そうやって、帰宅してから夜寝る前の時間を副業に当てたのです。

確かにサラリーマンの仕事を終えた後に、副業に取り組むのは正直キツイ日もありました (;´д`)

 

でも、それと比べものにならないくらい、得られるものは大きかったです。

自分の力でお金を稼げるようになると、一気に世界が広がったんです♪

 

嫌な仕事を我慢して続ける必要がなくなりました。

住宅ローンの支払いでヒーヒー言わなくてもよくなりました。

子供の教育費で頭を悩ませることもなくなりました。

自分の時間がたっぷり持てるようになりました。

人間関係のストレスで悩むこともなくなりました。

レストランで値段を気にせずに食べたいものを注文できるようになりました。

好きな時に好きなだけ旅に行けるようになりました。

欲しいと思った物を、欲しい時に買えるようになりました。

大切な人と一緒にいる時間が増えました。

 

サラリーマン時代で には想像することもできなかった「自由な世界」があったんです (*´∇`*)

同じ世界に生きていて、こんなにも見える景色が違うのかとビックリしました!

 

もちろん、

「そんな話は信じられない!俺は今の仕事に誇りを持っている。」

「そもそもお金というのは、嫌なことを我慢して稼ぐものだ!」

・・などと思いたい人は、それでも構いません。

 

僕は強要しませんし、説得すらしません。

すべてあなたの自由ですからね (*´ω`*)

 

ただ、あなたよりも先に自由を得られた先輩として、1つだけアドバイスさせていただけるのなら・・、

毎月給料をもらっている今の内に、副業を始めた方がいいですよ。

 

これは嘘偽りのない僕の本心です。

金銭的なリスクを犯す必要もない訳ですしね。

 

もし将来に対して不安を抱えているのなら・・、

ちょっと工夫して時間を作って、少しずつでも進めてみてはどうでしょうか?

僕の人生も激変したように、きっとあなたの未来は大きく変わっていくことと思います。

 

次回は、

「オススメのネット副業」についてお話していきたいと思います。

▼続きはコチラ

【学生でも安全な副業5選】経験者だから分かる本当の内情とは?

2018.04.02

 

上記の記事で紹介しているのは、すべて「僕自身が経験したことのある」副業です。

だから良いところも悪いところも、ありのままぶっちゃけてます♪

 

・「リスクがない」

・「誰でもできる」

・「大きく稼げる」

・「すぐに稼げる」

 

上記の4項目で、それぞれいくつかを比較していますので・・、

あなたにピッタリの副業が見つかると思います (*´ω`*)

今日も最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。

無料で教材をプレゼントします

僕自身、副業でアフィリエイトを始めたのがキッカケで、自由な生活を手に入れることができました。

期間限定ですが・・、

僕のノウハウを詰め込んだ「アフィリエイト無料教材」をメールマガジンに登録された方にプレゼントします。

月10万円の安定収入を得るための、アフィリエイトの教科書としてお使いください。

アフィリエイトの教材を無料プレゼント

*メールアドレス
*お名前(姓・名)
ikkiへのメッセージをいただければ嬉しいです!(任意)

 

登録後すぐにメールが届きます。

もしすぐ届かない場合は、「迷惑メールボックスの確認」をお願いします。

TOPに戻る

「タメになったな~」と思ったら、ポチッとお願いします (*´ω`*)♪

   ↓     ↓     ↓